ラヴェル「鏡」第1曲「蛾」(1)

ドビュッシーがマラルメやヴェルレーヌらの印象詩から享けた即興感覚と、ラヴェルが同じ文学系譜ながらE.A.ポー、ボードレール、J.K.ユイスマンス、A.ベルトランらに見いだした細密画的叙述感覚の違い
(三善晃「ラヴェルピアノ作品全集第1巻」解説より)

こういう傾向の違いは、ラヴェルの「鏡」、ドビュッシーの「映像」という二つのタイトルの選択にも表れていますね。
「鏡」は表題を持つ5曲から成り、それぞれの表題はかなり忠実に「細密画的」に音で表現されます。
アパッシュ(チンピラ、ごろつきといった意味)と呼ばれた芸術サークルに属していたラヴェルは、そのメンバーそれぞれに「鏡」の各曲を捧げました。

第1曲「蛾」は詩人レオン-ポール・ファルグに捧げられました。

Léon-Paul Fargue

Léon-Paul Fargue

煙草を吸っている写真しか見つかりませんでした。。面白そうな人ですね!2本一緒に吸ってませんか?

“La petite gare aux ombres courtes(短い影のある小さな駅)”という詩の下の一節にインスピレーションを得て書かれました。

“Les noctuelles des hangars partent, d’un vol gauche, cravater d’autres poutres…”

これは直訳すると、「納屋の夜蛾が飛び立つ、左にひと飛び、梁にネクタイを結ぶ・・・」となります。このCravaterはこの言葉だけだと普通のネクタイのことを言うと思いますが、ここでは蛾=Nocturellesと蝶=パピヨンがかかっているので、蝶ネクタイのことです。蝶ネクタイは正装なので夜しかつけませんね。でも、夜、紳士が正装して納屋にいるのは少し不思議です。そもそも蛾であれば、一般的にはPapillon de nuit=夜の蝶という言葉が使われますが、ここでは敢えてNoctuellesとしたのは、パピヨンでは蝶ネクタイを表しすぎていて言葉遊びにならなかったからでしょうか?或いは、夜という単語の女性形の形容詞を使うことで、夜、男性に蝶ネクタイを付ける女性、ここでは娼婦を暗示している、ということもあるのかもしれませんね。
そもそも原題の “Nocturelles” とは何か、ということですが、Wikipediaのフランス語版にあります。蛾の一種ですね。ノクターンNocturneとフランス語の彼女Elleがくっついた言葉のようだと書いているのをネットで見かけましたが、間違えていますので、ご注意を。単純に虫の蛾です。夜や女性を暗示している面もあるのかもしれないとしても、原題の意味は「蛾」です。「夜蛾」という訳もありますが、これだとむしろ蛾の一般的な呼び名 Papillon de nuit のような印象を与えますので、「蛾」でいいのではないかと思います。

以下の公演で「蛾」を演奏します。

11月28日(水) 19:00開演
ピアノリサイタル 東京 銀座王子ホール

12月02日(日) 14:00開演
ピアノリサイタル 大阪 梅田 あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール

詳細はCONCERTページをご覧ください。

日経で紹介していただきました。

随分前になりますが、日本経済新聞の6月28日の夕刊で、新しいリストのCDをご紹介していただきました。

ライナーノーツを書いていただいた音楽ジャーナリストの伊熊よし子さんが文章を書いてくださいました。彼女とは、レコード芸術のインタビューで初めてお会いしました。一緒にお食事をした時の様子がこちらのポストで紹介されています。ブログホームページにもとても力を入れているということで、僕も見習わないといけませんね。

スカラ座で弾いて来ました。

ご報告が遅れましたが、3月10日から4月7日の間12公演、スカラ座のバレエ公演でキリアンの振付けの”Petite mort”の音楽、モーツァルトのピアノ協奏曲の21番と23番のゆっくりの楽章を弾きました。

初日のカーテンコール Photo: Marco Brescia Teatro alla Scala

モーツァルトの、というよりもクラシック音楽の中でも最も有名な曲ですが、バレエの音楽ですので、テンポは自由に決められるわけではなく、また、たとえばちょっとした装飾を付けたりするにしても、かなりきっちりとストイックにまとまったシャープな振付けで、むしろ音の少ない感じが踊りにはあっているようでもあり、いろいろと自分がソロで弾くのとは違った演奏をすることになり、様々な制約の中で納得のいく演奏のできるように努力しました。制約、と書きましたが、音楽からキリアンが感じ取って作り上げた振付けなわけで、僕はその振付けからインスピレーションを得て演奏に活かすことが出来れば素晴らしいなあ、とも考えて弾いていました。
ゆっくりの楽章だけの演奏ということで、特に楽器の調整には気を使いました。ファブリーニのスタインウェイのD588395で、同じ時期にスカラ座でアレクセイ・ボトヴィノフ(ゴールドベルク変奏曲)やチョ・ソンジン(ラフマニノフ3番)なども使ったので、日によって調整が変わり、スカラ座の調律師のサンドロと毎公演前に調整をするのが始まりでした。

開場前、舞台上で照明のチェックをしている下で調律しているサンドロさん

僕の細かい要求に根気よく対応してくれ、本当にピアノが好きなのだなあと、感謝するとともに感心しました。ミラノに来るたくさんの有名なピアニストたちの調律をしている人で(ポリーニの家のピアノの調律を常にしている人でもあります)、こぼれ話とともに、誰がどのような特殊な調整を要求するかなど、興味深い話もたくさん聞かせてもらいました。同じピアノで同じ会場でほぼ同じ調律師(2公演は僕の家の調律をしているガルディーノさんでした)で12回公演というのは滅多に出来ない貴重な経験で、非常にいい勉強になりました。
僕はたまにスカラ座のオーケストラのエキストラとしてオケの中でも弾きますし、特にそれぞれの楽器の首席奏者とは室内楽をしますので、このオーケストラはみんな知り合いといった感じで、楽しくもあるけれども、むしろそこでソロで弾くのは大きプレッシャーでもあるわけです。もちろん音色であったりフレージングやアーティキュレーションを聴いてくれて認めてくれる人もいるはずですが、これだけ少ない音の曲を弾くということは、一つでも音を間違えたらそれこそ誰にでも分るわけで、倒してはいけないと思っていると倒してしまうワイングラス、のような変な緊張感もあり、なかなかスリリングな時間を楽しみました。

GPはタキシードにネクタイで Photo: Marco Brescia Teatro alla Scala

オーケストラピットで演奏し終わったらすぐに舞台に上がって挨拶をしました。ダンサーたちはもともと礼をするのもとっても様になっている上に、舞台稽古から礼のチェックにも舞台監督から細かく指示があり仕上げられている中に、GPから突然舞台に放り出されたピアニストの図です(笑)。

初日のカーテンコール Photo: Marco Brescia Teatro alla Scala

初日のカーテンコール Photo: Marco Brescia Teatro alla Scala

日本での6月のコンサートのご案内

2018年06月16日(土) 西宮市プレラホール 13:30開場 14:00開演
2018年06月23日(土) 赤坂区民センター 区民ホール  15:30開場 16:00開演

【演奏曲目】
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲
ピアノソナタ第14番嬰ハ短調 Op.27-2 『月光』
フランツ・リスト作曲
巡礼の年第2年「イタリア」より 第7曲 ダンテを読んで : ソナタ風幻想曲
巡礼の年第3年より 第4曲 エステ荘の噴水
モーリス・ラヴェル作曲
夜のガスパール

詳細はホームページのコンサートページをご覧下さい。

フェスティヴァル・ピアニスティコ・ブレーシア・ベルガモ

ヨーロッパを代表するピアノ・フェスティバルのひとつに、「フェスティヴァル・ピアニスティコ・ブレーシア・ベルガモ」というものがあります。http://www.festivalpianistico.it
今年54年目を迎えたこのフェスティバルは、その名の通り、ブレーシアとベルガモで開催されます。ブレーシアはミラノから東に100キロほどのところにある、ロンバルディア州の主要都市のひとつです。ミラノからブレーシア県に入ってすぐ、スパークリング・ワインで有名なフランチャコルタがあります。ブレーシアから北西に50キロほど行ったところにベルガモがあります。ベルガモはドニゼッティの生まれた街で街の劇場はドニゼッティ劇場と言います。
このフェスティバルは、はじめの5回程度はミケランジェリをメインのゲストとして開催されました。というのも、ブレーシアはミケランジェリの生まれた街なのです。ミケランジェリの死後、ミケランジェリ・フェスティバルという名前を使っていたこともありましたが、気難しいミケランジェリの未亡人と権利の問題になり、現在は「フェスティヴァル・ピアニスティコ・ブレーシア・ベルガモ」という名前に戻りました。

今年のフェスティバルのテーマは「ベートーヴェンとナポレオン」。同時代を生きた2人の偉人。交響曲英雄、ピアノ協奏曲皇帝など、様々な作品がナポレオンとの関連で語られますね。

4月26日、フェスティバル開催の前日に、ブレーシア国立音楽院のダ・チェンモ広場でレクチャーコンサートが開かれ、イタリアを代表する音楽評論家ピエロ・ラッタリーノ氏がお話をして、僕がピアノを弾きました。

午後18時開演ということでフォーマルである必要はないとは思いつつも、86歳の評論家と一緒なのでということでネクタイをして行ったら、彼はデニムでした(笑い)。

真剣に聴いてますね〜。

僕も真剣に弾いています。

ありがとうございました。

日本でのコンサートのお知らせ

5月27日 西宮市プレラホール 14:00 3月8日発売開始!
6月3日 赤坂区民センター区民ホール 16:00 3月11日発売開始!

プログラム
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ピアノソナタ第8番 ハ短調 Op.13 「悲愴」
幻想曲 ト短調/ロ長調 Op.77
フランツ・リスト
超絶技巧練習曲第4番 ニ短調「マゼッパ」S.139-4
慰め第3番 変ニ長調 S.172-3
パガニーニ大練習曲第3番 嬰ト短調「ラ・カンパネッラ」S.141-3
メフィスト・ワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」 S.514

詳しくはコンサートページをご覧下さい。