ピアノの弾き方 またはバールはお好き?番外編「トップウィン」

やはり、ピアニストのブログなのでピアノの弾き方について、もう一度本気で考えてみたい。もう一度、と書いたのは、随分前になりますが一度ピアノの弾き方などというタイトルで書き始めたことがあり、見事に失敗、何もためになることが書けないまま終わってしまったという経験があるからです。

何もないところから思い付くまま綴る、というのではまた途中で嫌になる可能性があるので、今日はピアノの弾き方について面白く書かれているブログをご紹介しましょう。

西宮北口にあるピアノバー「トップウィン」をご存知でしょうか。とっても美味しいお酒が揃っているので関西に行った時にはよく行きます。と言っても年に数回です。
このお店のオーナー、泉高弘さんは、音楽家です。京都芸大のピアノ科を出られ、県立西宮高校の音楽科で教えておられた、まさにプロの音楽家でした。そして脱サラをされてバーを始められたという非常にユニークな経歴をお持ちです。プロではなくなっても音楽家であることには変わりなく、いまでもお店にあるスタインウェイでショパンのエチュードやベートーヴェンの後期のソナタなどなど弾いて下さいます。彼に一杯おごったらですが笑。お客さんには音楽関係者も多く、関西の音楽界でこのバーを知らない人はいないのではないでしょうか。

彼のブログ「桜とトップの珍日記」に「ピアノの弾き方」というカテゴリーがあり、2005年に書かれた11の投稿が読めます(新しいものからの順番になっていますが繋がっているので古いものから読んで下さい)。そんな昔にそんな少しで終わってしまったの?と言いたくなりますが、読んで納得、あまりにもよく書けていて、これ以上言い足す必要はなさそうです。まさに言い得て妙、といった感があるのですが、さて、冷静になってみると、あまりの文章のうまさにうっかり納得してしまっただけではないか、真面目に反論出来るのではないか、と思う点もありますね。「ピアノの弾き方」というタイトルで書くにあたって、自分で書き始める創意にかけているので、きっかけを掴む助けに人の書いている物に次回からコメントをしてみよう、というわけです。とりあえず今日は泉高弘氏のピアノの弾き方の紹介で終わります。

バールはお好き? Café Marc Jacobs

前回のポストでは『解釈』という言葉を無造作に使い少し意味が分からなくなっていますね。
そもそも書きながら思い付いたことを書き足していく、という姿勢では、あまりきちんとしたことは書けません。締めくくりでは『後退』という言葉も不用意に飛び出して、後で読んで反省しました。が、よく考えずに言ってしまったり書いてしまうことにこそ本音が出る、とも言われているようなので、放置しました。また考えます。

今日はひさしぶりに「バールはお好き?」シリーズ、カルミネ広場の Marc Jacobs café です。
マーク・ジェイコブスという洋服屋さんのやってるバールですね。

では、エスプレッソを一杯。

普通に美味しい。一人で立ち飲みだったので2分くらいで出て来ちゃいましたが、天気が良ければゆっくり外で誰かとおしゃべりでもした方が楽しめるバールです。

ミラノの憂鬱

ミラノでなんだかちょっと憂鬱な時は、

① 脱出を試みる!

Borgo Priolo, Pavia

Borgo Priolo, Pavia

脱出と大袈裟に言ってみましたが、妻の実家に久しぶりに行っただけです。舅の葡萄畑に分け入ってみました。

② アペリティーヴォでもするか

すぐに帰って来てしまったので、新しくオープンした近所のバールで家族、友人とわけもなく乾杯しました。

BUONAPARTE concept bar, Foro Buonaparte 52 Milano

BUONAPARTE concept bar, Foro Buonaparte 52 Milano

バールはお好き?日本編 夙川のバー「遊山」

日本に来ています。東京で何日か過ごし、今は故郷兵庫県西宮市です。この界隈は夙川と呼ばれています。夙川は川の名前です。春、川辺の桜が美しいことで少し知られているようです。

「遊山」はエスプレッソを飲むバールではなく、日本の、いわゆる「バー」です。

美しく居心地の良い一枚板のカウンター

美しく居心地の良いカウンター

ここでは本当においしいお酒が楽しめます。

いろいろな思い出など書こうかと思いましたが、語るに落ちそうな気もして、ただ純粋にお店をご紹介するだけにしました。

ホームページ → http://www.bar-yuzan.com