スカラ座で弾いて来ました。

ご報告が遅れましたが、3月10日から4月7日の間12公演、スカラ座のバレエ公演でキリアンの振付けの”Petite mort”の音楽、モーツァルトのピアノ協奏曲の21番と23番のゆっくりの楽章を弾きました。

初日のカーテンコール Photo: Marco Brescia Teatro alla Scala

モーツァルトの、というよりもクラシック音楽の中でも最も有名な曲ですが、バレエの音楽ですので、テンポは自由に決められるわけではなく、また、たとえばちょっとした装飾を付けたりするにしても、かなりきっちりとストイックにまとまったシャープな振付けで、むしろ音の少ない感じが踊りにはあっているようでもあり、いろいろと自分がソロで弾くのとは違った演奏をすることになり、様々な制約の中で納得のいく演奏のできるように努力しました。制約、と書きましたが、音楽からキリアンが感じ取って作り上げた振付けなわけで、僕はその振付けからインスピレーションを得て演奏に活かすことが出来れば素晴らしいなあ、とも考えて弾いていました。
ゆっくりの楽章だけの演奏ということで、特に楽器の調整には気を使いました。ファブリーニのスタインウェイのD588395で、同じ時期にスカラ座でアレクセイ・ボトヴィノフ(ゴールドベルク変奏曲)やチョ・ソンジン(ラフマニノフ3番)なども使ったので、日によって調整が変わり、スカラ座の調律師のサンドロと毎公演前に調整をするのが始まりでした。

開場前、舞台上で照明のチェックをしている下で調律しているサンドロさん

僕の細かい要求に根気よく対応してくれ、本当にピアノが好きなのだなあと、感謝するとともに感心しました。ミラノに来るたくさんの有名なピアニストたちの調律をしている人で(ポリーニの家のピアノの調律を常にしている人でもあります)、こぼれ話とともに、誰がどのような特殊な調整を要求するかなど、興味深い話もたくさん聞かせてもらいました。同じピアノで同じ会場でほぼ同じ調律師(2公演は僕の家の調律をしているガルディーノさんでした)で12回公演というのは滅多に出来ない貴重な経験で、非常にいい勉強になりました。
僕はたまにスカラ座のオーケストラのエキストラとしてオケの中でも弾きますし、特にそれぞれの楽器の首席奏者とは室内楽をしますので、このオーケストラはみんな知り合いといった感じで、楽しくもあるけれども、むしろそこでソロで弾くのは大きプレッシャーでもあるわけです。もちろん音色であったりフレージングやアーティキュレーションを聴いてくれて認めてくれる人もいるはずですが、これだけ少ない音の曲を弾くということは、一つでも音を間違えたらそれこそ誰にでも分るわけで、倒してはいけないと思っていると倒してしまうワイングラス、のような変な緊張感もあり、なかなかスリリングな時間を楽しみました。

GPはタキシードにネクタイで Photo: Marco Brescia Teatro alla Scala

オーケストラピットで演奏し終わったらすぐに舞台に上がって挨拶をしました。ダンサーたちはもともと礼をするのもとっても様になっている上に、舞台稽古から礼のチェックにも舞台監督から細かく指示があり仕上げられている中に、GPから突然舞台に放り出されたピアニストの図です(笑)。

初日のカーテンコール Photo: Marco Brescia Teatro alla Scala

初日のカーテンコール Photo: Marco Brescia Teatro alla Scala

日本での6月のコンサートのご案内

2018年06月16日(土) 西宮市プレラホール 13:30開場 14:00開演
2018年06月23日(土) 赤坂区民センター 区民ホール  15:30開場 16:00開演

【演奏曲目】
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲
ピアノソナタ第14番嬰ハ短調 Op.27-2 『月光』
フランツ・リスト作曲
巡礼の年第2年「イタリア」より 第7曲 ダンテを読んで : ソナタ風幻想曲
巡礼の年第3年より 第4曲 エステ荘の噴水
モーリス・ラヴェル作曲
夜のガスパール

詳細はホームページのコンサートページをご覧下さい。

ボロメオ宮殿でのコンサート

先月9月21日にミラノ市内のボロメオ宮殿で弾いてきました。
リゲア財団の新しいオンラインの新聞の記者発表と公開の会議のようなものに続けてアペリティ―ヴォの前に1時間弱演奏する、というもので、友人のフォトグラファーのフィオレンツァ・ステファーニさんが写真を撮ってくれましたので、ご紹介しておきます。

Photo: Fiorenza Stefani

Photo: Fiorenza Stefani

Photo: Fiorenza Stefani

Photo: Fiorenza Stefani

Photo: Fiorenza Stefani


今月の日本でのリサイタルのお知らせ

2016/10/15(土)19:00 サントリーホール ブルーローズ
2016/10/25(火)19:00 兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール
チケット発売中!

プログラム
モーツァルト ロンドイ短調 K.511
シューマン 幻想小曲集 Op.12、3つの幻想小曲集 Op. 111
ブラームス パガニーニの主題のよる変奏曲 Op.35

詳細はコンサートページをご覧下さい。

スカラ座での室内楽コンサート

スカラ座ではこれまで一人で弾いたり、ピアノコンチェルトだったり、オーケストラの中で弾いたりして来ましたが、今月13日には初めて室内楽のコンサートをして来ました。
以下の3人と弾きました。
ファビアン・トゥアン(ミラノスカラ座首席オーボエ)
ファブリツィオ・メローニ(ミラノスカラ座首席クラリネット)
ガブリエレ・スクレピス(ミラノスカラ座首席ファゴット)

プログラムは

プーランク オーボエ、ファゴットとピアノのためのトリオ
プーランク クラリネットソナタ
イベール オーボエ、クラリネットとファゴットの三重奏のための5つの小品
ミヨー クラリネットとピアノのためのソナチネ
ミヨー コレットによる組曲(オーボエ、クラリネットとファゴットのための)

と、全曲フランスの20世紀の作品でした。

スカラ座にはコンサートで使われるピアノはなく、毎回外から持ち込んでいるのですが、今回はコンサートの3日前にスカラ座の調律師のお店にピアノを選びに行きました。ファブリーニのコレクションの222番を選びました。ピアノコンチェルトでは少し鳴りが足りないかもしれませんが音色の美しいピアノでした。コンサート当日は、朝から13時過ぎまで同じ日の夜のスカラ座フィルのコンサートのリハーサルがあるのでほとんど時間がないということで、そのお店で、ちょっとした音のムラであったり、ソフトペダルの具合など調律師と調整しました。

ピアノ到着。

この写真はなぜかタテにできません。。

リハーサル中

月曜日の午後のコンサートでしたが満席でした。

Photo: Brescia e Amisano © Teatro alla Scala

Photo: Brescia e Amisano © Teatro alla Scala

Photo: Brescia e Amisano © Teatro alla Scala

Photo: Brescia e Amisano © Teatro alla Scala

4人みんなで弾けるオリジナルの曲が見付からず、でもアンコールは必要だということで、ヴェルディの椿姫の乾杯の歌を演奏しました。前日に決めて本番前に 一回合わせただけでしたが、月曜日のお昼間のコンサートで学生も多く、ようやくスカラ座らしい曲だったので拍手喝采でした。

Photo: Brescia e Amisano © Teatro alla Scala

Photo: Brescia e Amisano © Teatro alla Scala

僕とメローニのドイツグラモフォンの新しいCDのお披露目も兼ねていたので終演後にはスカラ座のブックショップでサイン会をして来ました。

18日の土曜日には国営放送Raiのラジオ、Radio 3のPiazza Verdiという番組でメローニと生演奏して来ます。

皇帝を弾きました。

ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番、通称『皇帝』を去る5月19日、尼崎市のアルカイックホールで斎藤一郎さん指揮宝塚市交響楽団と演奏しました。指揮の斎藤さん、オーケストラの皆さんに支えられてとてもいい経験になりました。曲の力か弾いた本人が少し感動してしました。ありがとうございました。(アンコールではリストのリゴレットパラフレーズを弾きました。)
今年12月1日(日曜日)には大垣市スイトピアセンター音楽堂で宮松重紀さん指揮大垣市室内管弦楽団とも皇帝を弾く予定です。よろしくお願い致します。