1889年のパリ万博

万博というものについて私はほとんど何も知らない。知っていたことはドビュッシーが1889年のパリ万博ガムランの演奏を聴いて感銘を受け、版画の1曲目『』に代表されるような作品を残したこと。

ドビュッシーは1889年にパリで行われた万国博覧会でさまざまな影響を得たのですが、その中でもジャワのガムラン音楽に衝撃を受けました。東洋の異国情緒に惹かれた結果、ドビュッシーはほぼ15年ほどの歳月をかけて、このような東洋の音楽や風景などを、物まねではなく、独自の表現で表すことに成功しました。(「版画」より第1曲「塔」金子一朗

リヒテルのドビュッシーは楽譜が丁寧に読まれているというのか、同時に進行するモチーフの距離感の違いや、リズムの面白さが際立っていて、とても立体感のある演奏だと思います。ワーグナーが大好きなバレンボイムとの対比の面白いファンタジーを下に。(ドビュッシーとガムランをググると「ドビュッシーの1890年前後の作品におけるガムラン・モチーフの扱いについて」というのが一番上に出て来ましたがここではモチーフについて語られるなかでこの曲も取り上げられています。)

脱線しましたが、、1889年のパリ万博では一般的にはなんと言ってもエッフェル塔が建てられたのが最も大きな話題だと思います。
エッフェル塔のように(とまではいかなくても)後々まで残る価値のあるものが今回のミラノ万博でも建てられるのか、興味津々です。

—————––——-

2014年秋の日本公演

ピアノリサイタル「悲壮美そして情熱の調べ」
11/27(木)19:00開演 大阪 ザ・フェニックスホール
12/5(金)19:00開演 東京 サントリーホールブルーローズ
詳細はコンサートページをご覧下さい。

12/7(日)15:00開演 大垣市 大垣市スイトピアセンター音楽堂

宮松重紀指揮大垣市室内管弦楽団とブラームスのビアノ協奏曲第2番を演奏します。全自由席1000円です!
お問い合わせ:kammer-or-ogaki@gol.com

ミラノ万博のテーマとは?

前回のポスト(私は2015年ミラノ万博日本館サポーターです!)の

さて、ではミラノ万博とは一体何なのか、日本館とはどういうものか、まだよくわかっておらず、サポーターとして具体的に何をすればいいのかも、まだいまいちわかっておりません。

という文章は、「サポーターです!」と見栄を切ったにしてはどうも歯切れが悪く、ならば書かなければよかったのだけれど、書いてしまったので書き直したりはしません。実際「よく」はわかっていないし「いまいち」わかっていないものの、もちろん「ある程度」はわかっています。ただ、

自分が知らないこと、あるいは適切に知っていないことについて書くのではないとしたら、いったいどのようにして書けばよいのだろうか。(ドゥルーズの『差異と反復』の「はじめに」から

ともあるように、よく分っていないことについてこそ、(万博についてブログに書くことがドゥルーズの言う「書く」には相当しないという話はさておいて)書くべきなのでしょう。
今日はもっとも基本、ミラノ万博とは何か、です。
まず、テーマ

「地球に食料を、生命にエネルギーを」(日)
“Feeding the Planet, Energy for Life”(英)
“Nutrire il Pianeta, Energia per la Vita”(伊)

です。ずばり、「食」ですね。そしてサブテーマ!

「食料の安全、保全、品質のための科学技術」
Science and technology for food safety, security and quality
「農業と生物多様性のための科学技術」
Science and technology for agriculture and biodiversity
「農業食物サプライチェーンの革新」
Innovation in the agro-food supply chain
「食育」Dietary education
「より良い生活様式のための食」Food for better lifestyles
「食と文化」Food and culture
「食の協力と開発」Cooperation and development on food

次からすこしずつこれらのテーマ、サブテーマを解明して行きましょう!

私は2015年ミラノ万博日本館サポーターです!


もう半年以上経ちますが、来年2015年5月から10月に開催されるミラノ万博の日本館サポーターに就任しました。
ミラノ万博公式サイトはこちらです。サポーターの公式ページにには

ミラノ万博日本館では、イタリア、ミラノ万博のテーマ、日本館のコンセプトなどに関わりの深い方々を、「ミラノ万博日本館サポーター」として、農林水産大臣及び経済産業大臣より任命するプロジェクトを進めています。就任いただいた日本館サポーターには、今後、その知名度や情報発信力を活かして、様々な場面でミラノ万博及び日本館の魅力発信にご協力いただきます。

とあります。
さて、ではミラノ万博とは一体何なのか、日本館とはどういうものか、まだよくわかっておらず、サポーターとして具体的に何をすればいいのかも、まだいまいちわかっておりません。
これから勉強してわかって来たことを定期的にアップしていきます。
今日は、とりあえず、RAI(ライ:イタリア放送協会、イタリアの公共放送局)の万博情報ページに日本館が作られている様子がが取り上げられていたのでリンクを貼付けておきます。日本館はいわゆる日本の伝統的な木造建築で作られ、組み木の要領で釘などは一切使わない、というのが驚きを持って紹介されています。私たち日本人には当たり前ですが日本独特のものなのですね。
ではこれからミラノ万博日本館、よろしくお願い致します。

———————————————-

2014年秋の日本公演

ピアノリサイタル「悲壮美そして情熱の調べ」
11/27(木)19:00開演 大阪 ザ・フェニックスホール
12/5(金)19:00開演 東京 サントリーホールブルーローズ
詳細はコンサートページをご覧下さい。

12/7(日)15:00開演 大垣市 大垣市スイトピアセンター音楽堂

宮松重紀指揮大垣市室内管弦楽団とブラームスのビアノ協奏曲第2番を演奏します。全自由席1000円です!
お問い合わせ:kammer-or-ogaki@gol.com