モーツァルトのCDが昨年11月に発売されました。

イプシロン・インターナショナルからの5枚目のアルバム「TAKAHIRO YOSHIKAWA – WOLFGANG AMADEUS MOZART」が2019年11月8日に発売されました。

TAKAHIRO YOSHIKAWA – WOLFGANG AMADEUS MOZART

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲

ピアノソナタ第8番イ短調 K.310
ロンドニ長調 K.485
ロンドイ短調 K.511
ピアノソナタ第15番ヘ長調 K.533/494

全力で生きたモーツァルトのいら立ちまで聞こえてくる!
吉川隆弘のモーツァルト・アルバム
ドビュッシー(YIL-002)、シューマン(YIL-003)、リスト(YIL-004)の各作品集がレコード芸術特選になるなど、高評価が続くイプシロン・インターナショナル・レーベルでの吉川隆弘第5弾!
・・・そうした周到なプログラム構成と響き合うように、ここに聞こえてくるどの曲のどの一瞬も、演奏家の緻密で厳格な意図を丁寧に映していないところはない。つまり、一瞬として、モーツァルトは寝そべったり、鼻歌を歌ったり、あくびをしたりはしていない。それどころか、全力で生きている。なんというひたむきさだろう、と聴き手は思わずにはいられない。そして、彼が人生の瞬間をいかにていねいに生きていた人かということが、吉川隆弘の演奏を通じた作品の息づかいから、丹念に伝わってくる。それは徹頭徹尾、人間的なものだ。
そのように私はこのアルバムを聴いた。吉川隆弘の弾くモーツァルトを。音楽を聴くことは、弾き手の導きにそって、作曲家の内面に進行した感情の体験を生き直すことでもある。モーツァルトはここで、ピアニストの丹念な仕事を通じて、やはりどこか正当に苛立っているのではないか。それが彼という、そして他ならぬ私たちの生々しい、生のありようだからだ。
(青澤隆明 ライナーノーツより抜粋 / 配給:東武ランドシステム㈱トレーディング事業部)

Ypsilon International Limited

リストのCDがイタリアでも発売になりました。

日本では去年の6月に発売されたリストのCDがイタリアでもようやく発売になりました。
3月21日の全国紙Corriere della seraに批評が載りました。

プログラミングの解説(イタリアに関連のあるリストの作品集で超絶技巧から印象主義まで聴かれる云々)と、私の解釈もプログラミングの意図を生かした(プログラミングをしたのも私なので当然ですが)ベストなものだとお褒めいただきました。この批評欄ではクラシック音楽に限らずすべての分野の音楽のCDが取り上げられるので、メジャーレーベルでもないこのCDを取り上げていただいたということで、とてもありがたく思います。
3月28日のCorriereの付録の週刊誌 “7″ Sette にも載りました。

こちらはもう少し一般的に多様なプログラムでマルチタスキングだと評されました。
これから音楽月刊誌でも批評が出てくる予定ですので追ってご紹介します。

2019年5月の日本でのコンサートのお知らせ
詳しくはコンサートページをご覧ください。

2019年5月18日(土) 青森県弘前市 14:00開演
ピアノリサイタル 弘前文化センターホール
演奏曲目
ベートーヴェン作曲
ピアノソナタ第1番へ短調 Op.2-1、ピアノソナタ第32番ハ短調 Op.111
ショパン作曲
幻想ポロネーズ、4つのマズルカ Op.67、バラード第4番

2019年5月19日(日) 青森県五所川原市 18:30開演
ピアノリサイタル 太宰治記念館「斜陽館」Sold out!
完売いたしました。ありがとうございました。
演奏曲目
モーツァルト作曲
ピアノソナタ第11番イ長調 K.331(K6.300i)「トルコ行進曲付き」
クロード・ドビュッシー作曲
ベルガマスク組曲
フランシス・プーランク作曲
ナゼルの夜

2019年5月28日(火) 兵庫県西宮市 19:00時開演
ピアノリサイタル 兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホール
演奏曲目
ベートーヴェン作曲
ピアノソナタ第1番へ短調 Op.2-1、ピアノソナタ第32番ハ短調 Op.111
ショパン作曲
幻想ポロネーズ、4つのマズルカ Op.67、バラード第4番

2019年5月31日(金) 東京都港区 19:00時開演
ピアノリサイタル 赤坂区民センター区民ホール
演奏曲目
ベートーヴェン作曲
ピアノソナタ第1番へ短調 Op.2-1、ピアノソナタ第32番ハ短調 Op.111
ショパン作曲
幻想ポロネーズ、4つのマズルカ Op.67、バラード第4番

CD「フランツ・リスト」レコード芸術特選いただきました。

6月に発売されたリストアルバムがレコード芸術9月号で特選盤に選ばれました。
レコード芸術という雑誌については、すでに書いたかもしれませんが、私は中高生の時に愛読しておりました。そのような懐かしい雑誌に高い評価をいただくのは本当に嬉しく、勿体無いことです。ありがとうございます。
もちろん、評の中には課題なども書いていただいており、じっくりと噛み締めて今後に活かしていきたいと考えております。

CDの詳細についてはホームページのCD+DVDのページをご覧ください。