なぜこの4曲なのか。

前回は単にベートーヴェンのCDを出しました。というご報告でしたが、このCDについて、なぜこの4曲ですか?と尋ねられることがありますのでお答え致します。
選曲をする時には、コンサートのプログラミングでも同じことですが、同じような曲が並んでいても退屈ですし、全く無関係な曲が並んでいるのも通して聴く意味がないので、各曲に関連があり、バラエティーもあるプログラムがいいのではないかと思っています。ゆっくりした曲だけのCDや激しい曲ばっかりのCDももちろんありえますが。
で、このCDでのバラエティーはといいますと、それぞれの曲の性格が違う、というだけでなく、ベートーヴェンの生涯の異なった時期に作られた作品であるということでしょうか。ベートーヴェンのソナタは32曲それぞれ全く違いますからどれを選んでもヴァラエティーは充分あります。

ピアノソナタ第13番Op.27-1の書かれた1800年頃のベートーヴェン

ではそれぞれの曲の関連ですが、これもコンサートのプログラミングと同じく、まずは調性です。複数の曲を続けて聴く時には、調性のある曲であれば、やはり調性に関連がある方がいいのではないでしょうか。例えばあまり音楽の知識のない人は調性などにはこだわらないし分らない、というのは大きな間違いだと思います。どんな音で終わってどんな音で始まるかは聴いていれば感じるますし、むしろ分らない人ほど敏感かもしれません。
それは近い調であればいいというだけではありません。あえて遠い調を持ってくるということももちろんありえます。。私の1枚目のショパンのCDはショパンのOp. 59の3つのマズルカから始まりますが、この3曲は続けて聴いても自然ですがそれぞれの曲の調性はとても遠いです。下にOp.59-1のマズルカのビデオを貼付けてみました。ひさしぶりに聴いてみると少し違和感もありますが、どういう曲かはとりあえずわかります。

ベートーヴェンのCDの4つのソナタはハ短調、変ホ長調2曲、変イ長調という順でこれは♭3つから4つのとても近い調ですね。それだけではなく、悲愴の第2楽章は変イ長調、Op.27-1の第2楽章はハ短調、第3楽章のアダージョはこれも変イ長調、告別の第2楽章はハ短調とそれぞれ関係しています。また、悲愴の第2楽章の中間部は変イ短調という♭が7つある珍しい調ですがこれはOp. 110の第3楽章の嘆きの歌の一回目の調でもあります。

ピアノソナタ第31番の書かれた1年後、1823年の肖像画

調性だけではなく、これらの曲には共通している動機というのか音形も見られます(聴かれます)。
一例を挙げると、悲愴第3楽章78小節目

Op. 27-1第3楽章アレグロヴィヴァーチェのコーダ冒頭265小節目

Op. 110第3楽章フーガ冒頭

以上3つの箇所で聴かれる上ったり下がったりする音形は似ていないでしょうか?異なる時期に書かれた3つの作品に似た音形が使われているのは興味深いと思いつつ、このように楽譜を貼付けて並べてみると、それで?という気もしなくもないですが、まあ、それぞれ関連がありますね、というだけのことです。他にもありますので、興味のある方は探してみてください。

———————————————————-

2016年5月6月の日本でのコンサートのお知らせ

吉川隆弘ピアノリサイタル
ピアノリサイタル
2016/5/25(水)19:00 西宮市プレラホール
2016/6/3(金)19:00 イタリア文化会館東京 アニェッリホール

プログラム
ベートーヴェン:ピアノソナタ第26番 変ホ長調 Op.81a『告別』
リスト:
巡礼の年第2年『イタリア』より
婚礼、物思いに沈む人、ペトラルカのソネット第104番、ダンテを読んで:ソナタ風幻想曲
巡礼の年第3年より
エステ荘の糸杉に I:哀歌、エステ荘の糸杉に II:哀歌、エステ荘の噴水

詳細はコンサートページをご覧下さい。

ベートーヴェンのCDを出しました。

前回前々回に引き続き去年の情報ですが、ベートーヴェンのピアノソナタ4曲のCDを出しました。前回ご紹介したイプシロン・インターナショナル株式会社からの1枚目のCDです。

発売時にはこの宣伝葉書がCD店などで配布され、銀座の山野楽器では発売記念イベントランチタイムインストアコンサートも開催されました。

———————————————————-

TAKAHIRO YOSHIKAWA – LUDWIG VAN BEETHOVEN


ベートーヴェン
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 Op. 13「悲愴」
ピアノソナタ 第13番 変ホ長調 Op. 27-1「幻想曲風ソナタ」
ピアノソナタ 第26番 変ホ長調 Op. 81a「告別」
ピアノソナタ 第31番 変イ長調 Op. 110

———————————————————-

2016年5月6月の日本でのコンサートのお知らせ

吉川隆弘ピアノリサイタル
ピアノリサイタル
2016/5/25(水)19:00 西宮市プレラホール
2016/6/3(金)19:00 イタリア文化会館東京 アニェッリホール

プログラム
ベートーヴェン:ピアノソナタ第26番 変ホ長調 Op.81a『告別』
リスト:
巡礼の年第2年『イタリア』より
婚礼、物思いに沈む人、ペトラルカのソネット第104番、ダンテを読んで:ソナタ風幻想曲
巡礼の年第3年より
エステ荘の糸杉に I:哀歌、エステ荘の糸杉に II:哀歌、エステ荘の噴水

詳細はコンサートページをご覧下さい。

株式会社を設立しました。

これも前投稿と同じく去年の出来事ですが、イプシロン・インターナショナル株式会社を設立致しました。

ホームページはこちら
演奏活動のサポート、コンサートの企画、レコーディング関係、マスタークラスなど、そして後援会、スタジオの運営などを主な事業としております。これから目につくこともあるかと思います。どうぞよろしくお願い致します。

——————————————————————–

2016年5月6月の日本でのコンサートのお知らせ

吉川隆弘ピアノリサイタル
ピアノリサイタル
2016/5/25(水)19:00 西宮市プレラホール
2016/6/3(金)19:00 イタリア文化会館東京 アニェッリホール

プログラム
ベートーヴェン:ピアノソナタ第26番 変ホ長調 Op.81a『告別』
リスト:
巡礼の年第2年『イタリア』より
婚礼、物思いに沈む人、ペトラルカのソネット第104番、ダンテを読んで:ソナタ風幻想曲
巡礼の年第3年より
エステ荘の糸杉に I:哀歌、エステ荘の糸杉に II:哀歌、エステ荘の噴水

詳細はコンサートページをご覧下さい。