月刊「ショパン」表紙とカラーインタビュー

本日発売の月刊ショパンの表紙と巻頭インタビューに取り上げていただいています。

日本を代表するクラシック音楽雑誌のひとつにこのように取り上げていただき、深く感謝をするとともに、より多くの日本の方に知っていただき、興味を持っていただける機会になればとても嬉しいです。

2018年11月12月の日本での公演のおしらせ
詳細はCONCERTページをご覧ください。

11月17日(土) 15:00開演
ピアノリサイタル 稲城市立 i プラザ ホール

11月23日(金) 17:00開演
赤坂区民センター区民ホール
「ピアノとバレエの華麗なる饗演」
吉川隆弘 X 西島数博 X 梶谷拓郎 スペシャルゲスト井脇幸江
ヴェニスに死す / イタリアン・カラーズ

11月28日(水) 19:00開演
ピアノリサイタル 東京 銀座王子ホール

12月02日(日) 14:00開演
ピアノリサイタル 大阪 梅田 あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール

CD「フランツ・リスト」レコード芸術特選いただきました。

6月に発売されたリストアルバムがレコード芸術9月号で特選盤に選ばれました。
レコード芸術という雑誌については、すでに書いたかもしれませんが、私は中高生の時に愛読しておりました。そのような懐かしい雑誌に高い評価をいただくのは本当に嬉しく、勿体無いことです。ありがとうございます。
もちろん、評の中には課題なども書いていただいており、じっくりと噛み締めて今後に活かしていきたいと考えております。

CDの詳細についてはホームページのCD+DVDのページをご覧ください。

レコ芸特選いただきました!

去年の11月に発売となりましたシューマンのCDがレコード芸術1月号で特選盤になりました。


(このジャケットのデザインは子供の情景の前半7曲のそれぞれのリズムの視覚化されたものです。)

収録曲
ロベルト・シューマン作曲
・幻想小曲集 op.12 夕べに/飛翔/なぜに?/気まぐれ/夜に/寓話/夢のもつれ/歌の終わり
・子供の情景 op.15 見知らぬ国より/珍しいお話/鬼ごっこ/おねだり/満足/大事件/トロイメライ/炉ばたで/木馬の騎手/むきになって/びっくり/子供は眠る/詩人は語る
・森の情景 op.82 森の入り口/待ち伏せる狩人/孤独な花/呪われた場所/こころよい風景/宿にて/予言の鳥/狩の歌/別れ

高く評価していただき、とても有り難く思います。この先もっと面白いCDを作って行くように努力して参ります。

CD+DVDのページのリンクからお買い求めいただけます。

伊音楽月刊誌「AMADEUS」インタビュー&付録CD(2017年11月号)

ご報告が遅れてしまいましたが、去年の11月にイタリアの音楽月刊誌「AMADEUS」に見開きカラー2ページのインタビューが掲載され、CDが付録として出ました。


CDはダウンロード用で、下のジャケットなどもダウンロード出来るようになっていました。2016年6月に東京のイタリア文化会館でライブ録音したもので、制作はイプシロン・インターナショナル。イタリアの雑誌とのコラボでした。版権が3ヶ月で切れるということですので、6月にはイプシロンから発売します。
収録曲は全てリストで、

巡礼の年第2年から
婚礼、考える人、ペトラルカのソネット104番、ダンテを読んで
巡礼の年第3年から
エステ荘の糸杉1と2、エステ荘の噴水
リゴレット・パラフレーズ
ラ・カンパネッラ

です。

コンサートのお知らせ

2018年2月12日(月:振替休日)
13:30開場 14:00開演
めぐろパーシモンホール 小ホール、東京
全席指定 2900円 車椅子席あり 未就学児童入場不可

【プログラム】
ベートーヴェン ピアノソナタ第13番変ホ長調 Op.27-1
ドビュッシー ベルガマスク組曲 前奏曲 – メヌエット – 月の光 – パスピエ
ドビュッシー 版画 塔 – グラナダの夕べ – 雨の庭
リスト ソナタロ短調
詳しくはコンサートページをご覧下さい。