自分で弾く、自分の演奏を聴く、聴かれた自分は聴かれることによって変わるわけです。弾いた自分は、弾いたことによって、また変わる。

前回なぜか「続く」と書いてしまったので、続きを書こうかと思い、読み返してみると途中の脱線が甚だしく、結論の説明が不十分で、何を言っているのか分らない文章でした。

ピアノの練習は体操ではなく(でもありますが)、音を聴き、音を探す作業なので、自分の演奏の影響も受けます。弾きながら聴きながら影響を受けながら演奏をし、練習をし、その中で、どのように演奏されるべきか、を考え、どのように演奏したいと感じるか、そのすべてが同時に(厳密には同時ではなくて少しずつずれていたりしますが)演奏に表現される、と私は考えています(後略)

この辺りが結論ですが分りづらいですね〜。言葉遣いが不自然で、「てにをは」や句読点なども非常に下手ですね。日本語で話すことも読むことも稀で、書くのはメールのみなので、こういうことになってしまっているのだと思います。これから少しずつブログを書くことで改善します。
「弾いている人は弾いている時に自分が弾いているのを聴いているので、弾いている時に聴いている自分の演奏にも影響を受けるのではないか」ともう一度言い直してみてもやっぱり上手く書けないので、上手く書いている人のものを引用します。

自分が見る、自分を見る、見られた自分は見られることによって変わるわけです。見た自分は、見たことによって、また変わる。(古井由吉『「私」という白道』)

これは録音などをした時にあてはめると当たり前の話ですが、演奏する(練習も)ということは(ピアノ独奏であれば)一人で弾きながら自分の演奏を聴いているので、上の言葉にあるような状況を実は演奏中に常に体験していると思います。この文章はこちらからの孫引きですが、他にも面白い文章の引用がたくさんあり、以下の文章なども上の話との関連で孫引きしておきます。

……だが、解釈される風景と解釈する視線という抽象的な対応性を超えて、解釈する視線が解釈される風景による解釈をすでに蒙った解釈される視線でしかなく、つまり視線が世界の物語を語る話者である以前にそれじたいが物語の説話論的要素として風景の一部に分節化されてしまっており、したがって視線が分節化する風景の物語は風景が分節化する視線の物語にそれと知らずに汚染しているということ、しかもその事実によって視線同士がた がいに確認しあう風景の解釈は、遂に風景が語る物語を超えることがないという視点は、なにも科学史という「知」の一領域に限らず、こんにち、「文化」と呼ばれる「制度」のあらゆる領域で問題とされているごく退屈な議論にすぎないことは誰もが知っている。(蓮實重彦「風景を超えて」『表層批判宣言』所収)

ご丁寧に『風景』を『音』に書き直したりもしてくれています。《聴覚が分節化する音の物語は音が分節化する聴覚の物語にそれと知らず汚染しているということ、しかもその事実によって聴覚同士がたがいに確認しあう音の解釈は、遂に音が語る物語を超えることがない視点は、「文化」と呼ばれる「制度」のあらゆる領域で問題とされているごく退屈な議論にすぎないことは誰もが知っている。》

《存在が風景を読むのではない。風景が存在を読みとってゆく》(蓮實重彦)のであれば、「存在が音を聴くのではない、音が存在を聴きとってゆく」もしかり。

——————————————————–

2014年秋の日本公演

ピアノリサイタル「悲壮美そして情熱の調べ」
11/27(木)19:00開演 大阪 ザ・フェニックスホール
12/5(金)19:00開演 東京 サントリーホールブルーローズ
詳細はコンサートページをご覧下さい。

12月7日(日)15:00開演

大垣市スイトピアセンター音楽堂で宮松重紀指揮大垣市室内管弦楽団とブラームスのビアノ協奏曲第2番を演奏します。

「私は自分の仕事が批評され、自分はどの点で間違っていたり正しかったりしたのかを知ることを強く必要としています。」

ゴダール 私は自分の仕事が批評され、自分はどの点で間違っていたり正しかったりしたのかを知ることを強く必要としています。でもその場合、そのことの証拠が示される必要があります。私は自分ひとりで自分の映画を裁かなければならなくなることを恐れているわけです。私は批評されることを、ただし明白な証拠をもちいて批評されることを必要としているのです。かりに私が犯罪をおかしたとさ「れるとすれば、私はあなたに、私にその犯罪をおかす理由があったかどうかを証明する証拠を示すよう求めるはずなのです。あなたが私の最新作について書いた批評は読みました。でも私には、あなたがあの映画を気に入ったかどうかはどうでもいいことです。私がほしいのは証拠なのです。

ケイル まさか。どうでもよくはないはずです(笑)。

ゴダール いや、どうでもいいことです。

ケイル そんな……

ゴダール いや、まったくどうでもいいことです。私が望んでいるのは、批評家たちがより多くの証拠を与えてくれ、それらが私に次の映画のためのアイディアをもたらしてくれるということです。こんなことを言って申し訳ないのですが、でも私はあなたの批評からは、私はポーリーンとは意見が合わないということ以外は、自分の次の映画のためのどんなアイディアも手に入れることができないのです。そして私とあなたの意見が合わないということそれ自体は、私の助けにはならないのです(拍手喝采)。

 

ケイル 批評というのはきわめて孤独な仕事です。

ゴダール いや、そうであってはいけないでしょう。フランスのヌーヴェル・ヴァーグが力強いものだったのは、あれがたった四人の人間、四人の若造からなるもので、その四人が互いに語りあっていたからです。映画の世界で新しい運動がおこるときはいつも、たとえばここでコッポラとスピールバーグがおこしたときのように、あるいはイタリアでロッセリーニとフェリーニがおこしたときのようにーーあれは二、三年しかつづかなかったわけですが……それにかかわった人たちは、まだ監督としての地位を確立してはいませんでした。かれらは自分たちがしていることについて語り合うことを恐れてはいませんでした。でも今日では、監督たちはそれを恐れています。批評家たちでさえもが、映画について語りあおうとはしていません。われわれはどうだったかと言えば、われわれが書いていたときはこれとは大いに違っていました。私はフランソワやクロードやジャックと同じころに書きはじめました。われわれは映画を見、意見がくいちがうときは、その映画について一緒に議論しあったのです。ちょうど、ここであなたとアンドルー・サリスが、書く前に語りあうようなものだったのです……

ケイル でもそうすると、映画作家たちにとっては事はより困難になってしまいます。

ゴダール 事は困難になればなるほどうまくいくものなのです(拍手喝采)。

以上「批評の必要性について」 http://howardhoax.blog.fc2.com/blog-entry-46.html より。(「『ゴダール全評論・全発言Ⅱ』より、辛口の映画評論で知られるアメリカの批評家ポーリン・ケイルとの、ゴダールの対談である。」とのことです)

2つのノクターン

 そもそも演奏についての感想そのものにあまり興味がなく、さらに言えば、聴き比べる、というのは余りにも安易な行為であるようにも感じており、ではなぜここで同じ曲の2つの演奏を紹介するのかというのはまた一つの問いとしてありえるものだとしても、たくさんの演奏を聴き比べてこれが好きだとか、この演奏のここがいいとか、そういうのは演奏をする立場の人間の取る態度としては褒められたものではない、という思いもあり、というのも、聴き手の持っている、初めて聞くのであれば、持つ、ある曲についての考えとでもいったものをその演奏は満たしているかどうか、という聴き方には疑問があり、それは作曲家であればあり得る態度でもあるだろうが、聴き手においては、また、本来は作曲家においても、ある曲についての考えというのは、たとえ自分が作曲した曲であっても、その曲を聴くたびに新たにされる、或は新たにされるべきものであるだろうし、演奏家にとっても、演奏中にその演奏を聴いてもいるのだとしたら、演奏直後からは、過去の自分の演奏はまるで他人の演奏のように感じられ、もはやどうしてあの時あんな風に演奏したかも自明ではないだろう。この辺りについては、巧く説明出来ないし、説明出来ないのではなくてむしろしたくないという事情も働いているのかもしれず、ともかく、この2つの演奏についても、今後の自分の演奏についても、また当然他人の演奏についても、特に感想を述べるつもりはないと言っておきたい。
 ある人が美味しいと思うものを別の人も美味しいと思うとは限らないのと同じように、どんなに自分にとって「いい」演奏をする努力を重ねても、目指していた「いい」演奏そのものを他の人が「いい」と感じてくれるかはわからない、という種類の話とはまた別に、演奏について言えば、どのような演奏をするかについて演奏をする前に考えることと、実際に演奏をすることの間には大きな隔たりがあり、そしてその隔たりはあるべきものであるとも言えるだろう。というのは、こうしよう、と事前に思ったことをする、というのが演奏なのであれば、こうしよう、と思った時にある曲の全体についての完全なヴィジョンを持ち得るか、という疑問があり、この点については以前モーツァルトの手紙を基に書き始めたがいつものように勿論途中で挫折した(「ちょうど美しい一幅の絵或は麗しい人でも見る様に心のうちで一目でそれを見渡します。後になれば、むろん次々に順を追って現れるものですが、想像の中ではそういう具合には現れず、まるですべてのものが皆一緒になって聞こえるのです。」曲全体をまるで一目で見渡すかように聴くこと、または音楽と絵)。同時に、こうしよう、といった風に音楽を、音楽だけではなく恐らく全ての芸術を、何らかの確固とした意図として捉えるのは、ほとんど不可能なように思われる。それは、「捉える」ことが出来たと思った瞬間に人は言葉で説明をしてしまう、しかしある芸術を言葉に置き換えること、言葉で作られた芸術であっても他の言葉に置き換えることは不可能でしかないということでもあるし、また、ある印象を捉えたのであればその捉えたものをその捉え方において表現する(というのが何を意味しているかは自分でも分らなくなって来たが)のが自然であるとすれば、音楽について捉えたことを表現する方法により適しているのはむしろ音楽ではないだろうと端的に言い切ることは出来ないとしても、また、演奏するにあたってはある印象を掘り下げる作業をせざるを得ず、そしてその作業そのものが創造への道でもあるとしても、聴き手として演奏についての感想を持つということについて言えば、紆余曲折を経たものの結論が余りに意外にシンプルで少し申し訳ないが、曖昧なままの形であまり説明しようとせずに自分の中にとどめておくのが誠実である。それはコンクールの審査員のようなお話しはお断りする理由でもあるし、そもそも競技ではないのだからコンクールのようなものはすこし可笑しいと言っていいだろうか。可笑しいという表現もまた可笑しいが、ではなぜ私自身がコンクール受賞歴のようなものもプロフィールに載せているか、というのもまたありえる問いであるとして、吉川隆弘が演奏をする、歴史的な大ピアニストが演奏をする、ピアノを勉強して間もない子供が演奏をする、それぞれの間にあるある種の高さ/低さ、或は、浅さ/深さ、の差異と関係なく、全ての演奏は、ある曲の再現であると同時に創造である。その時にそこで演奏されることでその曲が存在しうるというだけではなく、演奏そのものもまた、表現ではなくて創造としての価値を持っている。この辺りまで多大な労力を払って読み進めた時にむしろ自然に湧き出てくるであろう、なぜこのようなほぼ無意味に近い内容を余りにも仰々しい調子で書いているのか、という疑問については、それが自らの演奏を自分のブログで紹介するという行為そのものをすこし恥じており、茶化したい、或は照れ隠し、ということであるように察していただけるかどうか、ただ、そう察してもらうには余りにも偉そうな口調ではあるかもしれない。
 音楽を聴く、というのはもちろん大変な集中力を必要とする行為で、お腹が一杯だと美味しいものも美味しく感じられないように、余り聴きすぎてもいけないし、また、ちょこちょこつまみ食いをするように、断片をかじり聞きしてばかりいても良い影響はないと思われ、いろいろ考えると、Youtubeというものにはネガティブな面が多すぎて、付き合いすぎるのはお勧め出来ません。回数はほどほどに、少なくともある種の覚悟を持って「聴く」、見るばっかりでなく、よーく聴かないとどんな演奏かはわからないと思います。

 どうも最近はこのブログでは告知ばかりで、下心があり読んでくれる方に媚びているためか「です/ます」と丁寧な口調で書くことが多く、今日は「である」で書こうと思ったのだが、最後には「です/ます」になってしまいました。では以下告知です(笑)。対談でもないのに一人で(笑)と書くのは最後にしたいです(笑)。

—————————————————

5月30日目黒パーシモンホール小ホールでリサイタルをします。

日時:2014年5月30日(金)18:30開場 19:00開演
全指定席 S席4,000円 A席3,000円

—チケット取扱い—
チケットぴあ Pコード 221-661
Ampio東京支部(吉川隆弘後援会)
TEL. 03-6421-8131
E-mail. ampio-tokyo@takahiroyoshikawa.com
めぐろパーシモンホールチケットセンター窓口
(販売時間 10:00~19:00)TEL. 03-5701-2904

—プログラム—
ベートーヴェン
 ピアノソナタ 第26番 変ホ長調 Op.81a『告別』
 ピアノソナタ 第31番 変イ長調 Op.110
ラヴェル
 『鏡』蛾 – 悲しき鳥たち – 大海の小舟 – 道化師の朝の歌 – 鐘の谷
ショパン
 ノクターン第14番 嬰ヘ短調 Op.48-2
 スケルツォ第3番 嬰ハ短調 Op.39

★関西では6月4日に西宮市プレラホールで同じプログラムのリサイタルをします。近日発売開始予定です。

画像をクリックでpdfをダウンロード出来ます

画像をクリックするとpdfをダウンロード出来ます

雑談

告知ばかり続いたので今回はちょっとした無駄話でも。

「まあ二つの可能性のうち、どちらかをきみが選ぶことになったと考えてみてくれたまえ。ブリジット・バルドーとかグレタ・ガルボのような、世界的に有名な美人と、誰にも絶対に知られないということだけ条件にして、愛の一夜を過ごすか、それとも絶対に寝ないということだけ条件にして、彼女の肩に腕をまわして、きみの生まれ故郷の目抜き通りを一緒に散歩するか。ぼくはだね、それぞれの可能性を選ぶ人間の正確なパーセンテージを知りたいんだ。それには、どうしても統計的な方法が要求される。そこで世論調査事務所にいくつか当ってみたんだが、応じてもらえなかったよ」(クンデラ『不滅』第七部「祝宴」)

あるブログからの孫引きです。元のブログにはこの引用に続けて「――さてきみはどっちだい、などと野暮なことを訊かない。」と書いてあるのですが、そんな野暮なことは僕も訊きません。

次にクンデラのもう一つの書『存在の耐えられない軽さ』から。
たくさんの女を追いかける男の中に、われわれは二つのカテゴリーを容易に見分けることができる。一方はどの女にも自分に固有の、女についての常に同じ夢を探し求める人であり、もう一方は客観的な女の世界の無限の多様性を得たいという願望に追われている人である。
この第一のカテゴリーの男たちの夢中ぶりは叙情的である。彼らは女たちの中に自分自身、自分の理想を探し求め、たえず繰り返し、繰り返し裏切られている。なぜならば、理想というものは、ご承知のとおり、けっして見つけることができないものである。女から女へとその男たちを追いたてる失望は、その男たちの移り気にロマンティックな言い訳のようなものを与えるので、多くのセンチメンタルな女たちはその男が何人も恋人を持つことに感嘆させられるのである。
第二のカテゴリーの夢中ぶりは叙事的で、女たちはそこに感動的なものを何ひとつ見ることがない。男は女たちの中に何ら主観的な理想を投影することなく、すべてのことが男の興味の対象であり、失望を味わうことはありえない。失望することがないという性質は何やら不愉快にするものを内臓している。叙事的な女好きが夢中になってもそれは救い(失望による救い)がないように見える。
抒情的な女好きはいつも同じタイプの女を追いまわすので、恋人たちが代わっても、誰も気がつかない。その男の友人たちは、その男の女友達を区別できないし、いつも同じ名で呼んでいるので、たえず誤解が生ずる。
叙事的な女好きたち(ここにもちろんトマーシュが入る)は女を知ろうとするとき、すぐにうんざりする月並みな女の美しさにはそっぽを向き、必然的に珍しい物のコレクターになっていく。自分はこのことを心得ているので、いささか恥ずかしく思い、友人たちを困惑させないようにと、恋人と一緒に人前に出ることはしない。

これも同じブログからの引用です。今日は引用の日です。

《誰もが、誰かに見られていることを求める。どのようなタイプの視線の下で生きていたいかによって、われわれは四つのカテゴリーに区分される。》(クンデラ『存在の耐えられない軽さ』)。
第一のカテゴリーは限りなく多数の無名の目による視線、すなわち別のことばでいえば、大衆の視線に憧れる。
第二のカテゴリーは、生きるために数多くの知人の目という視線を必要とする人びとから成る。この人たちはカクテル・パーティや、夕食会を疲れを知らずに開催する。
次に愛している人たちの眼差しを必要とする、第三のカテゴリーがある。この人たちの状況は第一のカテゴリーの人の状況のように危険である。愛している人の目が、あるとき閉ざされると、広間は闇となる。
そしてもう一つ、そこにいない人びとの想像上の視線の下に生きる人たちという、もっとも珍しい第四のカテゴリーがある。これは夢見る人たちである。

僕は恐らく、前者、後者、4番、かな(笑)