ドビュッシー「月の光」

ドビュッシーの「月の光」です。
「ベルガマスク組曲」3曲目のこの曲は、組曲の中でゆっくりとした舞曲の位置を占めています。個人的には(思い付いたのではなくどこかで読んだのだと思いますが)この曲にはサラバンドのリズムが感じられると思います。サラバンドは3拍子ですが、1拍目で下りて2拍目で上がる動きが特徴の舞曲で、2拍目と3拍目は一つの動きなので、2拍子(1と2+3)の小節がたくさんあります。
この曲のテンポ表示を見てみると、まず冒頭に Andante très expressif(アンダンテで非常に表情豊かに)とあり、15小節に Tempo rubato(テンポルバート)、19小節に peu e peu cresc. et animé(少しずつクレッシェンドして活き活きと)、27小節 Un poco mosso(少し速く)、37小節 En animant(活き活きと)、43小節 Calmato(落ち着いて)、51小節 Tempo 1°(はじめのテンポで)、66小節 morendo jusqu’à la fin(終わりまでモレンド)とあります。大きく捉えると、19小節(上のビデオの1分34秒あたりから)から速くなって27小節(2:05)ではじめより早めのテンポになり、37小節(2:35)でさらに速くなって43小節(2:52)で落ち着き51小節(3:20)ではじめのテンポに戻り、66小節(4:28)からさらにゆっくりなりながら終わる、ということですね。
この曲はあまりにも有名で人口に膾炙とでもいった感があるのですが、このように今一度楽譜を眺めてみると、実は曲全体が真ん中が少し速く、再現で元のテンポに戻り最後にゆっくりとなっていって終わるというシンプルな構成なのが分ります。そうすると、例えば27小節の Un poco mosso の前でリタルダンドをかけるありがちな演奏は構成から大きくずれてしまっていますね。43小節からの Calmato の箇所は、はじめのテンポに戻って行く流れの中でその前よりは落ち着いているということで、はじめのテンポよりも遅くしては全体の構成からはやはり外れてしまうのが分ります。
また、リズムについても、ありがちな、という言葉がネガティブ過ぎるとしたら、聞き覚えのある演奏、または聴こえの良い演奏で気になることをこの際書いておくと、そもそも1小節目の休符であったり長い音符をはしょってしまうのもよくあるのですが、13、14小節にみられるような2連音符が3連音符の前2つの音符がタイになっている形に聴こえたり、さらに典型的なのは、15小節目17小節目の頭の2連音符がまるで2つの四分音符のように弾かれるのは、非常にまずいですね。ここは、いくらテンポルバートといっても直前に14小節の2拍目と3拍目に2連音符があるので、それらとあまりにも懸け離れているとリズムが分らなくなってしまうと思います。あくまでルバートであって、返せる程度以上に盗んでしまってはいけません。

この曲は去年の11月に発売された”TAKAHIRO YOSHIKAWA – CLAUDE DEBUSSY”に入っています。

このCDは今年3月からイタリア、アメリカ合衆国とカナダでも発売となり、4ヶ月でSpotifyでは6万回以上再生されているということで、クラシック音楽としてはたくさん再生されているそうです。

配信などでお聴きいただいてもとても有り難いのですが、「ぶらあぼ」の初代編集長で、クラシックソムリエ協会代表理事などなどクラシック業界で大活躍されている田中泰さんのライナーノーツも読める、ということでCDのご購入がお薦めです(笑)!

—-

2017年秋の日本でのコンサートのお知らせ

2017年11月22日(水) 19:00
サントリーホールブルーローズ 東京
2017年11月17日(金) 19:00
兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール

チケットは8月20日発売です。

Programme:
ベートーヴェン ピアノソナタ第17番 ニ短調 Op. 31-2 「テンペスト」
シューマン 森の情景 Op. 82
リスト 旅人のアルバム S. 156 第1曲 「リヨン」
プロコフィエフ ピアノソナタ第8番 変ロ長調 Op. 84 「戦争ソナタ」

詳しくはコンサートページをご覧下さい。