録音について

チェリビダッケのインタビューです。録音嫌いで有名だった指揮者で、なぜ録音が嫌いか説明しています。録音する場所とその録音が聴かれる場所の音響が違うこと、音響はテンポを決める重要な要素でお風呂と野外では全く違うテンポが要求されること、などなど。

これは録音について古くから言われる問題の一つです。それに対して、Youtubeのサイトのコメント欄にもイタリア語で書かれていますが、コンサートホールでも席によって全く聴こえ方が違うこと、レヴェルの高い録音と再生こそが理想的な音楽の鑑賞に最も近付くことが出来る、という反論がされてきました。

次はグレン・グールド。スクリャービンの欲望 Desir Op.57-1 の録音の時のインタビューです。

ピアノの録音について、オスカー・ピーターソン(ジャズピアニスト)のようにピアノの中に(弦のすぐ上に)マイクをセットする方法、「美しい景観のバルコニー」のようなドイツ・グラモフォンに代表される方法を例に挙げ、この曲で彼は3対のマイクをピアノに近いところ、少し離れたところ、遠いところにセットし、ミクシングの段階で映画の遠景やズームアップのような効果を追求します(次のヴィデオ)。

音楽の録音についての2つの両極端の視点をご紹介しました。チェリビダッケの否定的な意見にはもっともなところもあると思います。ネガティブな面は、音量にもあると思います。チェリビダッケはオケの楽器間のバランスについて、録音の編集でバランスを操作するのは音楽的でないと言っていますが、バランスだけではなく、録音されたもの(CDなど)は再生時にいろんな音量で聴けること、本来の音量が分らないというのも難しいところです。コンサートホールにおいても舞台からの距離によって変わってくるので、この点もただ単に録音の問題とは言えないのかもしれません。音量は音色とも密接な関係にあります。

グールドの試みは当時としては新しく面白いものだったかもしれませんが今では少し古い感じが否めません。が、このようにアグレッシヴに録音の可能性を切り開く姿勢には大きく学ぶものがあると思います。

これからも考えて行かなければならない問題の一つです。

——————————————————-

www.limenmusic.com がリニューアルしました。ぜひご覧ください。ニックネームとパスワードとEメールを登録してサインインするとすべてのヴィデオが観られます(完全無料です)。このホームページのTOPに僕の弾いているヴィデオのリンクがあります。

——————————————————-

5月16日西宮プレラホールにてリサイタル

19:00開演(18:30開場)
前売3,000円、当日3,500円
主催:西宮市プレラホール、西宮市プレラホール指定管理者(株)MBKオペレーターズ
共催:Ampio(吉川隆弘後援会)
ご予約・お問い合わせ
西宮市プレラホール TEL 0798-64-9485

program:
ベートーヴェン ピアノソナタ第8番ハ短調作品13「悲愴」
リスト エステ荘の糸杉に 第2番
リスト エステ荘の噴水
ストラヴィンスキー ペトルーシュカから3つの断章
プーランク ナゼルの夜

コメントは受け付けていません。