カルタニセッタ その3

暗くて細い小道に入る。すれ違った老人が向こうから挨拶してきた。僕も挨拶を返す。
この道はいつか来た道。ああ、そうだ。この辺に3月に来たときに立ち寄ったお菓子屋さんがある筈だ。
お菓子屋さんは簡単に見つかった。レジにいるお姉さんと、店の隅に座っているお婆さん、そのお婆さんと話しているおばさん。3月と何も変わらない。お婆さんが僕のことを覚えていて、「お帰りなさい」と言ってくれた。このお婆さん(70歳くらいか)はいつもこの店にいるようだけれど仕事はしていないようだ。それどころか狭い店の中で彼女の話し相手をするおばさん(50過ぎか)を従えている。このお婆さんの息子さんがお菓子職人、話し相手をするおばさんはその姉、3人の中で唯一仕事をしているお姉さん(40は過ぎている)はその妻、といったところか。でもこのお婆さん、半年以上前に一度だけ来た客のことを 覚えていて「お帰りなさい」とは実はなかなかいい仕事をする。
シチリアのお菓子はイタリアでは有名である。カッサータ、カンノーロなど、新鮮なリコッタチーズを使ったものがおいしいとされるが、少し甘すぎるような気もする。あまりおいしいものではないようにも思うけれど見た目の美しさで有名な、色とりどりの果物や野菜をかたどったマルツァパーネ(日本でマジパンと言われているものかもしれない)などアーモンドのペーストを使ったお菓子もある。少し小腹が空いたので小さなカッサータとカタツムリの形をしたマルツァパーネを食べた。やっぱりかなり甘いけれど疲れていたからか非常においしかった。

甘いものを食べた後はエスプレッソが飲みたくなるのが人情というものであろう。ちょうどいい小汚いバールの前を通りかかったので入ってみた。シチリアのカフェはなぜか少しどろっとしている。酸味は少なく、苦味が少し強め、コクがあるようなないような、その辺は何しろどろっとしているのでよく 分からない。味も舌の「表面」で感じるもの。どろどろとした食感は味そのものを感じることを僕には少し難しくさせるが、おいしければそれでいいのだ。(本当においしいのかどうかに少し疑問を感じてもいるのだけれど、深くは考えない。)
部屋に戻りシャワーをして夕食に備える。ここはイタリア、表面を取り繕わなければならない。一番新しいピオンボPiomboのスーツに身を包み、X氏の 到着を待ちながらちょっと一服をしようと窓を開けた。灰皿の無いことに火をつけてから気付き、仕方が無いから灰も吸殻も窓から捨てた。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>