ピアノの弾き方「小指の空手チョップについて」

自分でピアノの弾き方を書こうとするとかしこまってしまって書けなくなりそうなので、ピアノの弾き方について書いてある面白いブログにコメントをすることで、僕のピアノの弾き方について考えていることも垣間見られる(垣間見せられる)のではないか、という試みです。

「小指は手のひらを開けて垂直に降ろします。つまり、空手チョップのように。」(ピアノの弾き方④鍵盤

これはこのブログの中の最も極端な文章のひとつかと思われますが、では、そのように弾いている例を。下のビデオの7分のあたり、バッハのピアノ協奏曲第1番の冒頭のレミファ、ミ、レ、ラ、レーのレーはまさに空手チョップです。

このブログの著者は「私はリヒテルが好きなんです」と仰っていたことがあり、空手チョップをするから好きなのではないのだろうけれど、リヒテルの空手チョップはシューベルトでもプロコフィエフでも至る所で見られます。

小指と言えば、下のビデオの1分32秒くらいから左手の小指を鍵盤の手前の木のところに支えてるように置いているのが印象的です。僕は左の親指を同じように使うことがありますが、小指をこのようにするのは彼しか見たことがありません。親指をそのように使っている人も見たことがないけれど。

卵を持った時のようにした状態の指というのは、小指に関しては特に力のかかり方が自然でなく、指が少し内側に湾曲してしまっている方なども見かけます。いろいろな弾き方のピアニストがいるので、一概には言えませんが、手にあまり負担のない弾き方がいいですね。

ピアノの弾き方④鍵盤では小指チョップのあと、「ピアノの鍵盤は上級者になってもできるだけ指を動かさずに弾くのが理想です。」という話になるのですが、これはどうなのでしょう、「できるだけ指だけを動かして弾くのが理想です。」と言う人もいそうですね。

次の文章、「頭が想像した音をできるだけ正確に速くストレスなしに鳴らすには余分な動きをしてはだめなんです。」の「頭が想像した音」がまた難しい。「頭が想像した音」を弾くだけではないので。もう少し考えます。

コメントは受け付けていません。