1889年のパリ万博

万博というものについて私はほとんど何も知らない。知っていたことはドビュッシーが1889年のパリ万博ガムランの演奏を聴いて感銘を受け、版画の1曲目『』に代表されるような作品を残したこと。

ドビュッシーは1889年にパリで行われた万国博覧会でさまざまな影響を得たのですが、その中でもジャワのガムラン音楽に衝撃を受けました。東洋の異国情緒に惹かれた結果、ドビュッシーはほぼ15年ほどの歳月をかけて、このような東洋の音楽や風景などを、物まねではなく、独自の表現で表すことに成功しました。(「版画」より第1曲「塔」金子一朗

リヒテルのドビュッシーは楽譜が丁寧に読まれているというのか、同時に進行するモチーフの距離感の違いや、リズムの面白さが際立っていて、とても立体感のある演奏だと思います。ワーグナーが大好きなバレンボイムとの対比の面白いファンタジーを下に。(ドビュッシーとガムランをググると「ドビュッシーの1890年前後の作品におけるガムラン・モチーフの扱いについて」というのが一番上に出て来ましたがここではモチーフについて語られるなかでこの曲も取り上げられています。)

脱線しましたが、、1889年のパリ万博では一般的にはなんと言ってもエッフェル塔が建てられたのが最も大きな話題だと思います。
エッフェル塔のように(とまではいかなくても)後々まで残る価値のあるものが今回のミラノ万博でも建てられるのか、興味津々です。

—————––——-

2014年秋の日本公演

ピアノリサイタル「悲壮美そして情熱の調べ」
11/27(木)19:00開演 大阪 ザ・フェニックスホール
12/5(金)19:00開演 東京 サントリーホールブルーローズ
詳細はコンサートページをご覧下さい。

12/7(日)15:00開演 大垣市 大垣市スイトピアセンター音楽堂

宮松重紀指揮大垣市室内管弦楽団とブラームスのビアノ協奏曲第2番を演奏します。全自由席1000円です!
お問い合わせ:kammer-or-ogaki@gol.com

コメントは受け付けていません。