去年ドイツ・グラモフォンデビューしました。

このブログを最後に書いてから1年以上経ってしまって、何を書いたか忘れてしったので、以前のものを見てみると、全部消去してしまいたい衝動に駆られました〜。
さて、去年はドイツ・グラモフォンから初めてCDが発売されました。これは書いたと思っていましたが見当たらなかったのでもしも書いていたら2度目になりますが、僕に関する情報をこのブログのみから得ている方ももしかしたらいらっしゃるかもしれないので、書いておきます。
メローニとのデュオでフランスの20世紀のクラリネットとピアノのための作品集です。
期待される表現や「らしい」演奏ではなく、むしろ先入観を出来るだけ取り除いて、楽譜をもう一度よく読んで作り上げたCDです。

VIF ET RYTHMIQUE

(収録曲)
ドビュッシー:第1狂詩曲
サンサーンス: クラリネットソナタ
オネゲル: クラリネットとピアノのためのソナチネ
ミヨー: クラリネットとピアノのためのソナチネ
プーランク: クラリネットソナタ
フランセ: 主題と変奏
ファブリツィオ・メローニ(クラリネット) / 吉川隆弘(ピアノ)

*インターネットでご注文できます。
アイコンをクリック!

—————————————————–

2016年5月6月の日本でのコンサートのお知らせ

吉川隆弘ピアノリサイタル
ピアノリサイタル
2016/5/25(水)19:00 西宮市プレラホール
2016/6/3(金)19:00 イタリア文化会館東京 アニェッリホール

プログラム
ベートーヴェン:ピアノソナタ第26番 変ホ長調 Op.81a『告別』
リスト:
巡礼の年第2年『イタリア』より
婚礼、物思いに沈む人、ペトラルカのソネット第104番、ダンテを読んで:ソナタ風幻想曲
巡礼の年第3年より
エステ荘の糸杉に I:哀歌、エステ荘の糸杉に II:哀歌、エステ荘の噴水

詳細はコンサートページをご覧下さい。

コメントは受け付けていません。