フェスティヴァル・ピアニスティコ・ブレーシア・ベルガモ

ヨーロッパを代表するピアノ・フェスティバルのひとつに、「フェスティヴァル・ピアニスティコ・ブレーシア・ベルガモ」というものがあります。http://www.festivalpianistico.it
今年54年目を迎えたこのフェスティバルは、その名の通り、ブレーシアとベルガモで開催されます。ブレーシアはミラノから東に100キロほどのところにある、ロンバルディア州の主要都市のひとつです。ミラノからブレーシア県に入ってすぐ、スパークリング・ワインで有名なフランチャコルタがあります。ブレーシアから北西に50キロほど行ったところにベルガモがあります。ベルガモはドニゼッティの生まれた街で街の劇場はドニゼッティ劇場と言います。
このフェスティバルは、はじめの5回程度はミケランジェリをメインのゲストとして開催されました。というのも、ブレーシアはミケランジェリの生まれた街なのです。ミケランジェリの死後、ミケランジェリ・フェスティバルという名前を使っていたこともありましたが、気難しいミケランジェリの未亡人と権利の問題になり、現在は「フェスティヴァル・ピアニスティコ・ブレーシア・ベルガモ」という名前に戻りました。

今年のフェスティバルのテーマは「ベートーヴェンとナポレオン」。同時代を生きた2人の偉人。交響曲英雄、ピアノ協奏曲皇帝など、様々な作品がナポレオンとの関連で語られますね。

4月26日、フェスティバル開催の前日に、ブレーシア国立音楽院のダ・チェンモ広場でレクチャーコンサートが開かれ、イタリアを代表する音楽評論家ピエロ・ラッタリーノ氏がお話をして、僕がピアノを弾きました。

午後18時開演ということでフォーマルである必要はないとは思いつつも、86歳の評論家と一緒なのでということでネクタイをして行ったら、彼はデニムでした(笑い)。

真剣に聴いてますね〜。

僕も真剣に弾いています。

ありがとうございました。

日本でのコンサートのお知らせ

5月27日 西宮市プレラホール 14:00 3月8日発売開始!
6月3日 赤坂区民センター区民ホール 16:00 3月11日発売開始!

プログラム
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ピアノソナタ第8番 ハ短調 Op.13 「悲愴」
幻想曲 ト短調/ロ長調 Op.77
フランツ・リスト
超絶技巧練習曲第4番 ニ短調「マゼッパ」S.139-4
慰め第3番 変ニ長調 S.172-3
パガニーニ大練習曲第3番 嬰ト短調「ラ・カンパネッラ」S.141-3
メフィスト・ワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」 S.514

詳しくはコンサートページをご覧下さい。

コメントは受け付けていません。