ドビュッシーのメヌエット(ベルガマスク組曲)のゲラ。

前回はドビュッシーの映像第1集の「水の反映」の自筆譜と初版と原典版を見比べてみましたが、今回は、同じくドビュッシーのベルガマスク組曲の第2曲「メヌエット」の校正刷り、所謂ゲラをご紹介します。
これは出版される前の校正刷りにドビュッシーが鉛筆で訂正を書き込んだもので、パリの国立美術館にあります。(Paris, Bibliotèque nationale de France, Départment de la Musique, Rés. Vma 286)

1ページ目は第72小節(下の楽譜の1段目の最後の小節)から繋がっています。

69小節から76小節(初版:E. Fromont, 1905)

構成の段階で削除されたフレーズがあったこと、それを今弾いてみるとなんだか陳腐な感じがするのですが、こうである可能性もあった、というのは新鮮な発見で、古典が生まれた瞬間を追体験するような印象を受けました。
そして、下の楽譜の1段目から2段目に移るところの唐突な転調は、突然の舞台転換、舞台というよりはむしろ映像におけるカットを思わせるものなのですが、これが実際に6小節カットされていたのですね。驚きと納得、といった感じを受けました。下の音源の03:00のあたりです。

面白いですね!

ところで、ウィーン原典版には下のような箇所があります。

ここはウィーン原典版以外の楽譜では以下のようになっています。

86小節から88小節(初版:E. Fromont, 1905)

ウィーン原典版の注釈には「編集者の考えを支持する情報源はないけれども87小節のソ♯はソ♮だと思う」とあります。このような大胆な変更は、Critical editionなどであればいいのですが、原典版と銘打っている楽譜では少し相容れないように思います。ドイツ語圏の人にとっては、「Urtext」というのは日本語の「原典版」という言葉よりももう少し柔らかいイメージなのかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。