ベートーヴェンとナポリ (1) 月光

ナポリと言えばピザですね。トマトソースとモッツァレッラチーズとバジリコの乗っているマルゲリータというピザはとても有名です。
でも今日はピザの話をするのでも、ナポリの街の話をするのでもありません。
ベートーヴェンとナポリ、という題ですが、ベートーヴェンがナポリに行ったという話をするのでもありません。
ナポリの6度のお話です。
ナポリの6度とは「下属音上の短6度」です。ハ長調ですと、下属音はファ、その短6度はレ♭です。この音を持つ六の長三和音(長三和音の第1転回)は、ハ長調(短調も同じ)ですと、ファ−ラ♭–レ♭です。この和音はちょうど主音の半音上の音を根音とした長三和音の第1転回になります。詳しくはWikipediaをどうぞ。(ただ、Wikipediaには「例として、ハ短調であればⅡの和音Dm(♭5)の根音(D)を半音下げたもの」とありますが、機能としては、IVの和音FmのCを半音上げたもので、このCの半音上がったD♭には下降導音性があってCに行こうとします。)
と説明されてもよく分かりませんね。

月光のソナタを見てみましょう。
第1楽章冒頭です。

第3小節目の後半の和音に、レ♮があります。ファには♯が付いていますので、レ-ファ♯-ラの和音の転回になりますね。嬰ハ短調の中にニ長調の主和音が挟まっています。これが典型的なナポリの和音です。
第1楽章には他に2回出てきます。
21小節目の一つ目の和音(嬰へ短調の中にト長調の主和音)。

50小節目の1つ目の和音(嬰ハ短調の中にニ長調の主和音)。

これらの和音は、少し安定した感じから外れる感じと言いますか、ずれる感じ、どこか別の方向へ行きそうな感じ、意外な印象を与えるのではないでしょうか。あまりにも有名で聞きなれた音楽なので特別な和音には聞こえないかも知れませんね。。

違う曲ですが、ナポリの6度のとてもよく分かる演奏がありますのでご紹介します。
ただ、モーツァルトなんです。
ピアノ協奏曲第23番の第2楽章、エッシェンバッハの演奏です。
下のビデオは49秒目から始まりますが、59秒のあたりで、エッシェンバッハがハッとした表情を見せるところ、ここがナポリなんですね。


9小節目、嬰へ短調のVIの和音レ-ファ♯-ラの後、突然ト長調になりますね。エッシェンバッハ、流石です。
正に「あ、こんなところでピザの匂いがする!」とでもいった驚きの表情を見せますね。

月光に戻ります。第3楽章にも出てきます。



イ長調の主和音の第1転回形ド♯-ミ-ラが沢山ありますね。嬰ト短調のナポリの和音です。第1楽章とは違って劇的な効果を引き出しています。
再現部も同様です(嬰ハ短調の中にニ長調が)。




コーダにも。

沢山ありましたね。

展開部の中にも、ナポリの匂いのする怪しい箇所があります。


76小節は嬰へ短調のV7、78小節前半は嬰へ短調のVIの和音=ニ長調の主和音、後半でド♮が加わってト長調の属七から79小節でト長調になります。モーツァルトで見た進行とよく似ていますね。81小節の最後の16分音符でバスのソが半音下に引っ張られてファ♯になって、嬰へ短調になって行きます。79小節から81小節のト長調の部分で使われているソ-シ-レの和音は転回形ではないですが、前後の嬰へ短調に対して、ナポリの関係にあります。このような状況を、「ナポリの調」(主音の半音上の音を主音とする調)と呼んでみましょう。
(続く)

2018年11月12月の日本での公演のおしらせ

詳細はCONCERTページをご覧ください。

11月28日(水) 19:00開演
ピアノリサイタル 東京 銀座王子ホール

12月02日(日) 14:00開演
ピアノリサイタル 大阪 梅田 あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール

11月17日(土) 15:00開演
ピアノリサイタル 稲城市立 i プラザ ホール

11月23日(金) 17:00開演
赤坂区民センター区民ホール
「ピアノとバレエの華麗なる饗演」
吉川隆弘 X 西島数博 X 梶谷拓郎 スペシャルゲスト井脇幸江
ヴェニスに死す / イタリアン・カラーズ

コメントは受け付けていません。