クルタークをスカラ座で演奏します。

ここで一つはっきりと申し上げますが、私はスカラ座の団員でも、コレペティでもありません。
何度も言っていますが、相変わらず「スカラ座のピアニスト」と書かれたりしますので。

3月はスカラ座にソリストとして呼ばれて演奏しました。参照

また、たまにスカラ座のオペラの公演でスカラ座管弦楽団のエキストラとして演奏したり参照、スカラ・フィルのピアノを担当しています参照。スカラ座管弦楽団とスカラフィルはメンバーはほとんど同じですが、スカラ座管はスカラ座のオケで主にオペラとバレエ、スカラフィルはスカラ座管弦楽団のメンバーによる自主運営のオーケストラで、オーケストラのコンサートをします。

さて、ミラノ・ムジカ・フェスティバルという現代音楽のフェスティバルが、毎年この時期にあります。
毎年一人の作曲家を主に取り上げるフェスティバルで、去年はサルヴァトーレ・シャリーノでした。毎年スカラフィルのコンサートもあり、去年はバルトークの中国の不思議な役人で弾きました。
今年の作曲家はクルタークです。
クルタークのZwiegesprächという作品のグランドピアノとアップライトピアノを担当します。アップライトピアノをさすったり、グランドピアノの弦をギターのピックで弾いたりして来ます。
楽しみです!

10月21日 20:00 ミラノ・スカラ座
スカラ座のサイト http://www.teatroallascala.org/en/season/2018-2019/concert/visiting-italian-musical-institutions/filarmonica-della-scala.html
スカラフィルのサイト http://www.filarmonica.it/concerti.php?id=1729&lang=it
ミラノ・ムジカ・フェスティバルのサイト http://www.milanomusica.org/it/sezione-festival/calendario/what-is-the-word/item/3285-teatro-alla-scala-21ottobre.html

コメントは受け付けていません。