ハイドン ソナタ へ長調 Hob. XVI: 23 (3)

第2楽章はAdagio。8分の6拍子、へ短調。

この楽章は「シチリアーナ(またはシチリアーノ)」といわれることがあります。
シチリアーナというのは「シチリアの」という単なる形容詞で、そもそもシチリア島と関連があるのか、よく分かりません。
一般に下のようなリズムがシチリアーノの典型と言われます。

この中の下のリズムが特徴的で、の16分音符が少し後に短くなって揺れる感じが出されたりします。

速すぎないテンポで、メランコリックでノスタルジックな感じが醸し出されます。
典型的なものを以下に。
バッハのフルートソナタより(偽作)

フォレのペレアスとメリザンドより(フランス語だとシシリエンヌとちょっと小洒落た感じになります)

レスピーギのリュートのための古風な舞曲とアリア第3組曲第3曲

まさにこのリズムを使って、ハイドンも書いています。
オラトリア「天地創造」第8曲 アリア「いまや野は爽やかな緑をさしいだして」
メランコリックというよりはパストラーレ=牧歌的な音楽になっています。

どうも書き始めると長くなってしまって煩雑になり、何が言いたかったのかが分かりにくくなってしまう傾向があります。
ここで私の言いたいのは、このへ長調ソナタの第2楽章は、シチリアーナであってもなくてもどうでもいい、ということです。
関係が無いということを書くために、先にシチリアーナとは何かを長々と書いてしまったせいで、ここまで読んでいただかないとまるでシチリアーナだということを書いているかのように誤解される恐れが大いにあるのが痛いですね。
思うに、何事においても名前を付けて分類をするのが好きな人が多く、一般化することで関連や差異を見出し理解をするのに役に立ちますが、こと音楽に関しては、分かったつもりになってしまう悪習でもあると思います。
私の感覚では、シチリアーナというのはアンダンテ程度のテンポの曲で、そのリズムが使われていてもアダージョだとシチリアーナとは言えないのではないのではないかと思います。テンポが違っても典型的なリズムが使われているというのであれば、ベートーヴェンの7番のシンフォニーの第1楽章や9番のシンフォニーの第2楽章でも大いに使われていますがシチリアーナという人は誰もいませんね。
この楽章は、ほとんど同じ時期に同じ調性で書かれたモーツァルトの2番のソナタの第2楽章や、23番のコンチェルトの第2楽章(嬰へ短調)などと通じる音楽で、これらの音楽についてもシチリアーナであると言われることがあるのは承知していますが、シチリアーナのリズムが使われているのは事実だとしても、それを曲目解説などに書くことによってまるでこれら曲はワルツであるとかマズルカであるというように曲の性格そのものを表すことにはなりません。ハイドンやモーツァルトがそう言ったとしても、レスピーギやフォレのシチリアーナを知ってしまっている私達にとっては全くの別物であると彼らに説明しましょう。

第3楽章は4分の2拍子へ長調。ソナタ形式ですが、第2主題は第1主題とほとんど同じですので、形としてはソナタ形式ですが主題間のコントラストはなく、むしろ16分音符の下のようなフレーズが舞台転換のように挟まれるのが印象的です。

この曲に関して書きたいことはまだまだあり、特に書くべきことを書き逃しているという気も大いにしますが、あまりにも長くなりましたので、もう、これで終わりにします。

以下の公演でこのソナタを演奏します。

11月17日(土) 15:00開演
ピアノリサイタル 稲城市立 i プラザ ホール

11月28日(水) 19:00開演
ピアノリサイタル 東京 銀座王子ホール

12月02日(日) 14:00開演
ピアノリサイタル 大阪 梅田 あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール

詳細はCONCERTページをご覧ください。

コメントは受け付けていません。