ラヴェル「鏡」第1曲「蛾」(1)

ドビュッシーがマラルメやヴェルレーヌらの印象詩から享けた即興感覚と、ラヴェルが同じ文学系譜ながらE.A.ポー、ボードレール、J.K.ユイスマンス、A.ベルトランらに見いだした細密画的叙述感覚の違い
(三善晃「ラヴェルピアノ作品全集第1巻」解説より)

こういう傾向の違いは、ラヴェルの「鏡」、ドビュッシーの「映像」という二つのタイトルの選択にも表れていますね。
「鏡」は表題を持つ5曲から成り、それぞれの表題はかなり忠実に「細密画的」に音で表現されます。
アパッシュ(チンピラ、ごろつきといった意味)と呼ばれた芸術サークルに属していたラヴェルは、そのメンバーそれぞれに「鏡」の各曲を捧げました。

第1曲「蛾」は詩人レオン-ポール・ファルグに捧げられました。

Léon-Paul Fargue

Léon-Paul Fargue

煙草を吸っている写真しか見つかりませんでした。。面白そうな人ですね!2本一緒に吸ってませんか?

“La petite gare aux ombres courtes(短い影のある小さな駅)”という詩の下の一節にインスピレーションを得て書かれました。

“Les noctuelles des hangars partent, d’un vol gauche, cravater d’autres poutres…”

これは直訳すると、「納屋の夜蛾が飛び立つ、左にひと飛び、梁にネクタイを結ぶ・・・」となります。このCravaterはこの言葉だけだと普通のネクタイのことを言うと思いますが、ここでは蛾=Nocturellesと蝶=パピヨンがかかっているので、蝶ネクタイのことです。蝶ネクタイは正装なので夜しかつけませんね。でも、夜、紳士が正装して納屋にいるのは少し不思議です。そもそも蛾であれば、一般的にはPapillon de nuit=夜の蝶という言葉が使われますが、ここでは敢えてNoctuellesとしたのは、パピヨンでは蝶ネクタイを表しすぎていて言葉遊びにならなかったからでしょうか?或いは、夜という単語の女性形の形容詞を使うことで、夜、男性に蝶ネクタイを付ける女性、ここでは娼婦を暗示している、ということもあるのかもしれませんね。
そもそも原題の “Nocturelles” とは何か、ということですが、Wikipediaのフランス語版にあります。蛾の一種ですね。ノクターンNocturneとフランス語の彼女Elleがくっついた言葉のようだと書いているのをネットで見かけましたが、間違えていますので、ご注意を。単純に虫の蛾です。夜や女性を暗示している面もあるのかもしれないとしても、原題の意味は「蛾」です。「夜蛾」という訳もありますが、これだとむしろ蛾の一般的な呼び名 Papillon de nuit のような印象を与えますので、「蛾」でいいのではないかと思います。

以下の公演で「蛾」を演奏します。

11月28日(水) 19:00開演
ピアノリサイタル 東京 銀座王子ホール

12月02日(日) 14:00開演
ピアノリサイタル 大阪 梅田 あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール

詳細はCONCERTページをご覧ください。

コメントは受け付けていません。