経済とワイン

経済、今危機に瀕している経済というのは、資本主義の社会の中でのことで、その社会は民主主義でもあって、ということは要するに政治のシステムの上に成り立っていると思う。イデオロギー(日本語あってますか?イデオロジーでしょうか?)は、僕の思うに道徳と哲学に基づかざるを得ない。決定権を持つ人には、個人の幸せとは何か、生きる意味とは何か、世界の意味とは何か、個人の価値とは何か、そのあたりの問題にはっきり答えてもらいたい。(決定権を持つ人というのは自分を含めた選挙権を持っている人という意味です。)

「社会的な地位を持って初めて政治的な態度を決めることが出来る。」というような言葉を聞いたことがあるけれど、そんななまやさしい、中途半端な問題ではない。この言葉は、「人は自分に都合のいいものを選ぶ」というのと大差がない。そうではない、と思いたい。むむむ、ムツカシイなあ・・・。

ともかく、経済を公の場で語る人が、「政治はちょっと勘弁してください」、道徳は「あまり経済とは関係がないようですが・・・」、宗教は「石油の話ですか?」、哲学はテンプンカンプンというようなことでは、破綻したって不思議はないわけだ。

ちょうど、ボルドーのワインの、あれがおいしい、これはいまいち、と1本何万円もするようなワインの寸評をする人が、ヴェルレーヌもボードレールもフォレもドビュッシーもマティスもセザンヌも全く知らなかったとしたら、ちょっと変なのと似ている。

今夜はボルドーの安い赤ワインを飲んでちょっと酔っぱらってしまったのである。

味見をする前にラべルは見ない

味見をする前にラべルは見ない

おいしくっても一気飲みは避ける

おいしくっても一気飲みは避ける

思いをハセタリする振りをする

思いをハセタリする振りをする

ラベルを凝視

ラベルを凝視

ちょっとほろ酔い

ちょっとほろ酔い



Visualizza FROMMILAN MAP! in una mappa di dimensioni maggiori

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>