水の反映を自筆譜とともに

みなさま、お元気でお過ごしですか?
ミラノはいわゆるロックダウンされたのが確か3月9日だったと思うので、一月と20日も経ちました。
日本に3月と5月にコンサートをしに帰る予定があり、またミラノでは3/19にモーツァルトとリストのリサイタル、3/22にはクラリネットのメローニと3月22日通りにあるホールでのコンサート、その他ラジオ出演やスカラフィルのオケの中のピアノなどいろいろありましたが全てキャンセルになりました。
なかなか家に籠って何かを発信するというのも難しく、とりあえずドビュッシーのアルバムを楽譜を見ながら聴けるビデオをYouTubeにアップしてみました。

水の反映という邦題が普通に使われていますが原題は水の「中の」反映、水面ではなく、水中で光が屈折し映る様子が描かれているんですね。モーツァルトと並び称されるとても美しいドビュッシーの筆跡を追いながらお聴きいただけます。
どうぞお楽しみください。

コメントは受け付けていません。