キャベツを煮込みました!

昨日もミラノは雪でした。最近は雪でなくても寒く、わざわざ夕食の買い物に出るのがおっくうな時に家にある野菜を簡単に煮込んで食べる、イタリア料理でも日本料理でもない一皿をご紹介します。
キャベツと人参とジャガイモ、ベーコン、スープのもと(というのでしょうか)、オリーブオイル、塩、こしょうを使います。
 まずベーコンを炒めて油を引き出します。イタリアでは小さな角切りのパンチェッタというものが売っておりますが、日本のベーコンを切ったものでもOKです。

借家の薄汚れたぼろコンロが写っているのは見てはいけない!

そこに人参をぶつ切りにしたものを加え、水コップ一杯(人参がひたひたくらい)にスープのもとを入れて5分ほど煮込みます。スープのもとは野菜のブロード(ブイヨン)の粉末というものを小さじ1ほど入れましたが、チキンブイヨンでも何でもいいです。和や中華のだしでは試したことがないですがいいのではないでしょうか。

ジャガイモまるごといくつか加えて3分ほど煮込みます。

ここで主役のキャベツ登場。塩、こしょうをします。

フタをして待ちます。

圧力鍋だと弱火で10分から15分、普通の鍋なら30分から40分かかります。キャベツから水分が出てそれをキャベツとジャガイモがもう一度吸い込む、というような感じです。普通の鍋の場合、落とし蓋か落とし蓋代わりのキッチンペーパーを使うと味が染みこみやすいと思います。
こんな感じで出来上がりです。

お皿に盛って写真を撮る時は盛りつけ、皿、それから背景になるテーブルクロスなどすべてに気を配る。何にも考えずただ皿にのせて撮ると下のようなまずそうな写真になってしまいます。

ところで最近このページの右側が少しずつ充実してきておりまして、まず、なんといってもTwitterが貼付けられています。”Join the conversation”をクリックしてあなたも今日からTwitter!TwitterはぼくのMyspaceのページともシンクロしています。http://www.myspace.com/takahiroyoshikawapianist
その下には “FROM MILAN MAP!” があります。これまでにフロムミランで取り上げた場所が地図でチェックできます。クリックしてみてください。
その下にあるWEBTVは www.limenmusic.com です。今日見てみたらTop5のなかに2つもぼくの演奏があがってました。リストの超絶技巧練習曲「マゼッパ」とストラヴィンスキーのペトルーシュカです。先日ペトルーシュカはNHKFMの「名曲リサイタル」でも放送されましたが、ここではヴィデオが見られます。まだの方はぜひ見てください。
カテゴリーの下にタグも付けてみました。これまでに登場した人名と地名です。
 いろいろクリックして楽しんでください!

コメントは受け付けていません。