曲全体をまるで一目で見渡すかように聴くこと、または音楽と絵

ミケランジェリがチェリビダッケとのコンチェルトのアンコールでドビュッシーの「ラモー讚」(映像第1巻の2曲目)を弾いているビデオです。

チェリビダッケはミケランジェリについて「彼は彼を愛し理解する人、彼に対して批判的な立場でない人を切に必要としている。私のことを理想的な人物だと思っているらしく、実際に彼にはそういう感情を持っているし、彼の計り知れない孤独を私は恐れている。」とイタリアの全国紙コリエーレのインタビューで話しました。(5 ottobre 1992 – Corriere della Sera

他のインタビューでは「彼(ミケランジェリ)はクライマックスと曲のはじめと終わりに関連を持たせることが出来る唯一の人だ。」とも言っています。以前Youtubeにもありましたが見付からず、このリンクはFacebookのアカウントがないと見られないかもしれません。 http://www.facebook.com/video/video.php?v=1301124047123

この言葉は僕には非常に興味があって、モーツァルトの有名な手紙の言葉を思い出させます。

「ちょうど美しい一幅の絵或は麗しい人でも見る様に心のうちで一目でそれを見渡します。後になれば、むろん次々に順を追って現れるものですが、想像の中ではそういう具合には現れず、まるですべてのものが皆一緒になって聞こえるのです。」

ちなみに、この手紙は小林秀雄も「モオツァルト」に引用していますが、彼はこの前後のところにより惹かれたようで、特にこの部分には言及がありません(苦笑)。

「クライマックスと曲のはじめと終わりに関連を持たせる」には「一目でそれを見渡し」「皆一緒になって聞こえる」のでないといけないのではないかという気がします。

以前ツイッターで「音楽では細部と全体との関係は、絵画彫刻とは全く異なる。楽曲の全体的な印象というのは、記憶力に関わる問題でもある。鑑賞において、鳥瞰図のようなものはなく、あくまでも木々の間を歩くことから森を把握するしかない。」とつぶやいたことがあり、その時にこのような感想?をいただきました。

我々の視線は、ある時は、描かれたある事物ともう一つの事物との対応関係を見ていたり、またある時は画面のなかをリズミカルに動きまわる筆致の動きを追っていたり、ある時は白から緑、緑から黄色、黄色から赤へと微妙なニュアンスで変化してゆく色彩の震動を感じていたりするというような、視線の『動き』として、部分と部分、要素と要素を動きながら繋いでゆく、見るという行為の『持続』によって、この絵を捉えてゆくしかないのだ。」(「音楽と他の芸術の相違をめぐって」

絵もまた音楽のように「動き」の「持続」として捉えるという全くもっともな指摘に恐れ入ったのですが、先のモーツァルトの言葉はその反対に、音楽もまた絵のように「全体を俯瞰(ふかん)する」ことができるということを言っており、そして、そういう視点を持って初めて「クライマックスと曲のはじめと終わりに関連を持たせる」ことが出来るのではないかな、と思いました。

で、まだ何か言い足りない気もするのですが、この話はこれ以上掘り下げると永遠と瞬間の話とか始まって恥ずかしいことになるか、または、ある曲を最初から最後まで歌わなくてもその曲から受けた印象を思い出すことが出来るように実は音楽は誰にでも一瞬のものとして捉えられているじゃん、という陳腐なことになるので終わりです。

再び前ポストと同じコンサートのお知らせです。
11月10日に兵庫県西宮芸術文化センター神戸女学院小ホールにてリサイタルをします。
日 時 2011年11月10日(木)
開 演 19:00  (開 場 18:30)
会 場 芸術文化センター 神戸女学院小ホール
料 金 自由席(一般)3,500円/(吉川隆弘後援会会員)3,000円
お問い合わせ:Ampio(吉川隆弘後援会)TEL 0798-73-3295
program:
ベートーヴェン:ピアノソナタ第7番ニ長調 Op.10-3
プロコフィエフ:ピアノソナタ第6番イ長調 Op.82
ドビュッシー:映像第2集
ショパン:ノクターン第1番変ロ短調 Op.9-1、マズルカ第41番嬰ハ短調 Op.63-3、スケルツォ第2番変ロ短調 Op.31

録音について

チェリビダッケのインタビューです。録音嫌いで有名だった指揮者で、なぜ録音が嫌いか説明しています。録音する場所とその録音が聴かれる場所の音響が違うこと、音響はテンポを決める重要な要素でお風呂と野外では全く違うテンポが要求されること、などなど。

これは録音について古くから言われる問題の一つです。それに対して、Youtubeのサイトのコメント欄にもイタリア語で書かれていますが、コンサートホールでも席によって全く聴こえ方が違うこと、レヴェルの高い録音と再生こそが理想的な音楽の鑑賞に最も近付くことが出来る、という反論がされてきました。

次はグレン・グールド。スクリャービンの欲望 Desir Op.57-1 の録音の時のインタビューです。

ピアノの録音について、オスカー・ピーターソン(ジャズピアニスト)のようにピアノの中に(弦のすぐ上に)マイクをセットする方法、「美しい景観のバルコニー」のようなドイツ・グラモフォンに代表される方法を例に挙げ、この曲で彼は3対のマイクをピアノに近いところ、少し離れたところ、遠いところにセットし、ミクシングの段階で映画の遠景やズームアップのような効果を追求します(次のヴィデオ)。

音楽の録音についての2つの両極端の視点をご紹介しました。チェリビダッケの否定的な意見にはもっともなところもあると思います。ネガティブな面は、音量にもあると思います。チェリビダッケはオケの楽器間のバランスについて、録音の編集でバランスを操作するのは音楽的でないと言っていますが、バランスだけではなく、録音されたもの(CDなど)は再生時にいろんな音量で聴けること、本来の音量が分らないというのも難しいところです。コンサートホールにおいても舞台からの距離によって変わってくるので、この点もただ単に録音の問題とは言えないのかもしれません。音量は音色とも密接な関係にあります。

グールドの試みは当時としては新しく面白いものだったかもしれませんが今では少し古い感じが否めません。が、このようにアグレッシヴに録音の可能性を切り開く姿勢には大きく学ぶものがあると思います。

これからも考えて行かなければならない問題の一つです。

——————————————————-

www.limenmusic.com がリニューアルしました。ぜひご覧ください。ニックネームとパスワードとEメールを登録してサインインするとすべてのヴィデオが観られます(完全無料です)。このホームページのTOPに僕の弾いているヴィデオのリンクがあります。

——————————————————-

5月16日西宮プレラホールにてリサイタル

19:00開演(18:30開場)
前売3,000円、当日3,500円
主催:西宮市プレラホール、西宮市プレラホール指定管理者(株)MBKオペレーターズ
共催:Ampio(吉川隆弘後援会)
ご予約・お問い合わせ
西宮市プレラホール TEL 0798-64-9485

program:
ベートーヴェン ピアノソナタ第8番ハ短調作品13「悲愴」
リスト エステ荘の糸杉に 第2番
リスト エステ荘の噴水
ストラヴィンスキー ペトルーシュカから3つの断章
プーランク ナゼルの夜

記憶について

この文章は閑をみて書いているので、と言うよりも、大抵閑なくせに何かしら気持ちの整理がつかないことが多く、そういう状態を芸術家は忙しいと言うのだと、都合のいい時だけ芸術家になりすます自分を最近はもう受け入れることにしているので、長い間考えたことを深く掘り下げて書いているわけでもなく、言葉について書いてみたときも、前書きがやたら長くていまいち思っていることの伝わらない、それなりにくだらない駄文だったけれど、今回もむつかしいことについて書いてみます。

シャーロック・ホームズが、「記憶と言うのは引き出しのようなもので、一杯にならないように、無駄なことは忘れなければいけない」とか言っていたのを小学生のころに読んだように記憶していますが、そういえばニーチェも忘却を消化に例えていたし、ともかく記憶力にそれほど自信のない僕にとって、現在のこの情報化社会は、百害あって一利なしであります。パスタを食べながらテレビをつけると、世界中のニュースがたくさんのコマーシャルとバックミュージックの洪水の中で氾濫していて、「またテロか、ちょっとformaggio取ってくれる?」みたいな会話とか、夕食後、エスプレッソを飲みながら、スーパーを出たところに車が突っ込んできた事件について考えつつも、バラエティを見てゲラゲラと下品に笑い、そういえばさっきのコマーシャルの音楽はリヒァルト・シュトラウスのティルだったけれど、ティルといえば、若いチェリビダッケの激しい指揮振りと淡々としたフルトヴェングラーの大きなアゴーギクの対照が思い出されて、こんなたくさんの情報をインプットしつつ、いま勉強中のモーツァルトのアダージョがまだ覚えられない自分が嫌になるので、僕の家にはもう1年以上テレビもラジオもありません。

多すぎる情報は不器用すぎて処理できないので、情報量をできるだけ減らしているというだけのことですね。