ドビュッシーのメヌエット(ベルガマスク組曲)のゲラ。

前回はドビュッシーの映像第1集の「水の反映」の自筆譜と初版と原典版を見比べてみましたが、今回は、同じくドビュッシーのベルガマスク組曲の第2曲「メヌエット」の校正刷り、所謂ゲラをご紹介します。
これは出版される前の校正刷りにドビュッシーが鉛筆で訂正を書き込んだもので、パリの国立美術館にあります。(Paris, Bibliotèque nationale de France, Départment de la Musique, Rés. Vma 286)

1ページ目は第72小節(下の楽譜の1段目の最後の小節)から繋がっています。

69小節から76小節(初版:E. Fromont, 1905)

構成の段階で削除されたフレーズがあったこと、それを今弾いてみるとなんだか陳腐な感じがするのですが、こうである可能性もあった、というのは新鮮な発見で、古典が生まれた瞬間を追体験するような印象を受けました。
そして、下の楽譜の1段目から2段目に移るところの唐突な転調は、突然の舞台転換、舞台というよりはむしろ映像におけるカットを思わせるものなのですが、これが実際に6小節カットされていたのですね。驚きと納得、といった感じを受けました。下の音源の03:00のあたりです。

面白いですね!

ところで、ウィーン原典版には下のような箇所があります。

ここはウィーン原典版以外の楽譜では以下のようになっています。

86小節から88小節(初版:E. Fromont, 1905)

ウィーン原典版の注釈には「編集者の考えを支持する情報源はないけれども87小節のソ♯はソ♮だと思う」とあります。このような大胆な変更は、Critical editionなどであればいいのですが、原典版と銘打っている楽譜では少し相容れないように思います。ドイツ語圏の人にとっては、「Urtext」というのは日本語の「原典版」という言葉よりももう少し柔らかいイメージなのかもしれませんね。

アメリカン航空!

明けましておめでとうございます!
またまた少しアップするのをなまけておりました〜!
今年はたくさん書きます!(年始の抱負)

まずは、ご報告が大変遅れましたが、去年の8月からアメリカン航空の機内エンターテイメントで、イプシロン・インターナショナルから出したベートーヴェンとドビュッシーのCDがお聴きいただけるようになりました!
これは、アーティストとしてはもちろん、レコードレベールを自分で立ち上げたという立場からも非常に嬉しい出来事です!
皆さん、アメリカに行く時にはアメリカン航空に乗って私のベートーヴェンとドビュッシーを聴きましょう!笑

Spotify: https://open.spotify.com/album/73wVSftpqg9Mg6mI8z3NLR

Spotify: https://open.spotify.com/album/6vwANVFAkN4PLBZX4jKu7y

コンサートのお知らせ

2018年2月12日(月:振替休日)
13:30開場 14:00開演
めぐろパーシモンホール 小ホール、東京
全席指定 2900円 車椅子席あり 未就学児童入場不可

【プログラム】
ベートーヴェン ピアノソナタ第13番変ホ長調 Op.27-1
ドビュッシー ベルガマスク組曲 前奏曲 – メヌエット – 月の光 – パスピエ
ドビュッシー 版画 塔 – グラナダの夕べ – 雨の庭
リスト ソナタロ短調
詳しくはコンサートページをご覧下さい。

ドビュッシー「月の光」

ドビュッシーの「月の光」です。
「ベルガマスク組曲」3曲目のこの曲は、組曲の中でゆっくりとした舞曲の位置を占めています。個人的には(思い付いたのではなくどこかで読んだのだと思いますが)この曲にはサラバンドのリズムが感じられると思います。サラバンドは3拍子ですが、1拍目で下りて2拍目で上がる動きが特徴の舞曲で、2拍目と3拍目は一つの動きなので、2拍子(1と2+3)の小節がたくさんあります。
この曲のテンポ表示を見てみると、まず冒頭に Andante très expressif(アンダンテで非常に表情豊かに)とあり、15小節に Tempo rubato(テンポルバート)、19小節に peu e peu cresc. et animé(少しずつクレッシェンドして活き活きと)、27小節 Un poco mosso(少し速く)、37小節 En animant(活き活きと)、43小節 Calmato(落ち着いて)、51小節 Tempo 1°(はじめのテンポで)、66小節 morendo jusqu’à la fin(終わりまでモレンド)とあります。大きく捉えると、19小節(上のビデオの1分34秒あたりから)から速くなって27小節(2:05)ではじめより早めのテンポになり、37小節(2:35)でさらに速くなって43小節(2:52)で落ち着き51小節(3:20)ではじめのテンポに戻り、66小節(4:28)からさらにゆっくりなりながら終わる、ということですね。
この曲はあまりにも有名で人口に膾炙とでもいった感があるのですが、このように今一度楽譜を眺めてみると、実は曲全体が真ん中が少し速く、再現で元のテンポに戻り最後にゆっくりとなっていって終わるというシンプルな構成なのが分ります。そうすると、例えば27小節の Un poco mosso の前でリタルダンドをかけるありがちな演奏は構成から大きくずれてしまっていますね。43小節からの Calmato の箇所は、はじめのテンポに戻って行く流れの中でその前よりは落ち着いているということで、はじめのテンポよりも遅くしては全体の構成からはやはり外れてしまうのが分ります。
また、リズムについても、ありがちな、という言葉がネガティブ過ぎるとしたら、聞き覚えのある演奏、または聴こえの良い演奏で気になることをこの際書いておくと、そもそも1小節目の休符であったり長い音符をはしょってしまうのもよくあるのですが、13、14小節にみられるような2連音符が3連音符の前2つの音符がタイになっている形に聴こえたり、さらに典型的なのは、15小節目17小節目の頭の2連音符がまるで2つの四分音符のように弾かれるのは、非常にまずいですね。ここは、いくらテンポルバートといっても直前に14小節の2拍目と3拍目に2連音符があるので、それらとあまりにも懸け離れているとリズムが分らなくなってしまうと思います。あくまでルバートであって、返せる程度以上に盗んでしまってはいけません。

この曲は去年の11月に発売された”TAKAHIRO YOSHIKAWA – CLAUDE DEBUSSY”に入っています。

このCDは今年3月からイタリア、アメリカ合衆国とカナダでも発売となり、4ヶ月でSpotifyでは6万回以上再生されているということで、クラシック音楽としてはたくさん再生されているそうです。

配信などでお聴きいただいてもとても有り難いのですが、「ぶらあぼ」の初代編集長で、クラシックソムリエ協会代表理事などなどクラシック業界で大活躍されている田中泰さんのライナーノーツも読める、ということでCDのご購入がお薦めです(笑)!

—-

2017年秋の日本でのコンサートのお知らせ

2017年11月22日(水) 19:00
サントリーホールブルーローズ 東京
2017年11月17日(金) 19:00
兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール

チケットは8月20日発売です。

Programme:
ベートーヴェン ピアノソナタ第17番 ニ短調 Op. 31-2 「テンペスト」
シューマン 森の情景 Op. 82
リスト 旅人のアルバム S. 156 第1曲 「リヨン」
プロコフィエフ ピアノソナタ第8番 変ロ長調 Op. 84 「戦争ソナタ」

詳しくはコンサートページをご覧下さい。

明日タワー渋谷インストアライブ!

10月30日(日)15:00 タワーレコード渋谷店7Fイベントスペース
吉川隆弘/新譜「CLAUDE DEBUSSY」先行販売 特別企画 ミニライヴ&サイン会
入場無料!
タワーレコード渋谷店ホームページ:http://towershibuya.jp/2016/10/30/81658明日、

秋の日曜日の午後のひとときをドビュッシーと共に。

演奏曲目
ドビュッシー作曲
・版画(塔、グラナダの夕暮れ、雨の庭)
・映像第1集より「水の反映」
・映像第2集より「金色の魚」
(約30分です)

新譜「TAKAHIRO YOSHIKAWA – CLAUDE DEBUSSY」11月8日発売!
yil_002_cover
収録曲:クロード・ドビュッシー
ベルガマスク組曲、版画、映像第1集及び第2集
詳細はCD+DVDページをご覧下さい。