ドビュッシー「月の光」

ドビュッシーの「月の光」です。
「ベルガマスク組曲」3曲目のこの曲は、組曲の中でゆっくりとした舞曲の位置を占めています。個人的には(思い付いたのではなくどこかで読んだのだと思いますが)この曲にはサラバンドのリズムが感じられると思います。サラバンドは3拍子ですが、1拍目で下りて2拍目で上がる動きが特徴の舞曲で、2拍目と3拍目は一つの動きなので、2拍子(1と2+3)の小節がたくさんあります。
この曲のテンポ表示を見てみると、まず冒頭に Andante très expressif(アンダンテで非常に表情豊かに)とあり、15小節に Tempo rubato(テンポルバート)、19小節に peu e peu cresc. et animé(少しずつクレッシェンドして活き活きと)、27小節 Un poco mosso(少し速く)、37小節 En animant(活き活きと)、43小節 Calmato(落ち着いて)、51小節 Tempo 1°(はじめのテンポで)、66小節 morendo jusqu’à la fin(終わりまでモレンド)とあります。大きく捉えると、19小節(上のビデオの1分34秒あたりから)から速くなって27小節(2:05)ではじめより早めのテンポになり、37小節(2:35)でさらに速くなって43小節(2:52)で落ち着き51小節(3:20)ではじめのテンポに戻り、66小節(4:28)からさらにゆっくりなりながら終わる、ということですね。
この曲はあまりにも有名で人口に膾炙とでもいった感があるのですが、このように今一度楽譜を眺めてみると、実は曲全体が真ん中が少し速く、再現で元のテンポに戻り最後にゆっくりとなっていって終わるというシンプルな構成なのが分ります。そうすると、例えば27小節の Un poco mosso の前でリタルダンドをかけるありがちな演奏は構成から大きくずれてしまっていますね。43小節からの Calmato の箇所は、はじめのテンポに戻って行く流れの中でその前よりは落ち着いているということで、はじめのテンポよりも遅くしては全体の構成からはやはり外れてしまうのが分ります。
また、リズムについても、ありがちな、という言葉がネガティブ過ぎるとしたら、聞き覚えのある演奏、または聴こえの良い演奏で気になることをこの際書いておくと、そもそも1小節目の休符であったり長い音符をはしょってしまうのもよくあるのですが、13、14小節にみられるような2連音符が3連音符の前2つの音符がタイになっている形に聴こえたり、さらに典型的なのは、15小節目17小節目の頭の2連音符がまるで2つの四分音符のように弾かれるのは、非常にまずいですね。ここは、いくらテンポルバートといっても直前に14小節の2拍目と3拍目に2連音符があるので、それらとあまりにも懸け離れているとリズムが分らなくなってしまうと思います。あくまでルバートであって、返せる程度以上に盗んでしまってはいけません。

この曲は去年の11月に発売された”TAKAHIRO YOSHIKAWA – CLAUDE DEBUSSY”に入っています。

このCDは今年3月からイタリア、アメリカ合衆国とカナダでも発売となり、4ヶ月でSpotifyでは6万回以上再生されているということで、クラシック音楽としてはたくさん再生されているそうです。

配信などでお聴きいただいてもとても有り難いのですが、「ぶらあぼ」の初代編集長で、クラシックソムリエ協会代表理事などなどクラシック業界で大活躍されている田中泰さんのライナーノーツも読める、ということでCDのご購入がお薦めです(笑)!

—-

2017年秋の日本でのコンサートのお知らせ

2017年11月22日(水) 19:00
サントリーホールブルーローズ 東京
2017年11月17日(金) 19:00
兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール

チケットは8月20日発売です。

Programme:
ベートーヴェン ピアノソナタ第17番 ニ短調 Op. 31-2 「テンペスト」
シューマン 森の情景 Op. 82
リスト 旅人のアルバム S. 156 第1曲 「リヨン」
プロコフィエフ ピアノソナタ第8番 変ロ長調 Op. 84 「戦争ソナタ」

詳しくはコンサートページをご覧下さい。

明日タワー渋谷インストアライブ!

10月30日(日)15:00 タワーレコード渋谷店7Fイベントスペース
吉川隆弘/新譜「CLAUDE DEBUSSY」先行販売 特別企画 ミニライヴ&サイン会
入場無料!
タワーレコード渋谷店ホームページ:http://towershibuya.jp/2016/10/30/81658明日、

秋の日曜日の午後のひとときをドビュッシーと共に。

演奏曲目
ドビュッシー作曲
・版画(塔、グラナダの夕暮れ、雨の庭)
・映像第1集より「水の反映」
・映像第2集より「金色の魚」
(約30分です)

新譜「TAKAHIRO YOSHIKAWA – CLAUDE DEBUSSY」11月8日発売!
yil_002_cover
収録曲:クロード・ドビュッシー
ベルガマスク組曲、版画、映像第1集及び第2集
詳細はCD+DVDページをご覧下さい。

新しいCDが出来ました。

ドビュッシーのCDを作ってみました。
ベルガマスク組曲、版画と映像1集と2集です。

「ベルガマスク組曲」のマスネなどの影響を感じさせる甘いモード、それでいてちょっと懐古的な振りをしてみた感じや複雑なアーティキュレーションに始まって、東南アジア、スペイン、そして水の表現の見られる「版画」を通って、円熟期の「映像」、その第2集で日本に辿り着く、と言った感じでしょうか。

TAKAHIRO YOSHIKAWA – CLAUDE DEBUSSY
収録曲:
1 ベルガマスク組曲 前奏曲 4:34
2 ベルガマスク組曲 メヌエット 4:22
3 ベルガマスク組曲 月の光 5:05
4 ベルガマスク組曲 パスピエ 3:51
5 版画 塔 5:37
6 版画 グラナダの夕べ 5:54
7 版画 雨の庭 3:56
8 映像第1集 水の反映 5:24
9 映像第1集 ラモーを讃えて 6:53
10 映像第1集 動き 3:44
11 映像第2集 葉陰を漏れる鐘の音 4:20
12 映像第2集 そして月は廃寺に落ちる 5:26
13 映像第2集 金色の魚 4:25
・制作:イプシロン・インターナショナル株式会社

このジャケットはドゥシュカ・カラノフというミラノ在住のセルビア人のグラフィックデザイナーの作品ですが、このちょっとモンドリアンのような模様は、実は1曲目のベルガマスク組曲のプレリュードの冒頭のリズムを図形化したものなんです。左上から右へと見ていただくと、左手でタタタタと始まって両手でターンと和音を弾いて右手が細かい音符でハラハラと降りてくる感じ。言われてみるとなるほどですね。印象派などとも呼ばれてなんだか曖昧な印象を音で表現するようなイメージのあるドビュッシーですが、楽譜はとても細かく書き込まれていて、細かくドビュッシーの指示に従うと、その一見(一聴)曖昧な印象が現れて来る、という風な演奏をしたいと思っており、この余りにもガチガチにソルフェージュしましたっ、という図は意外に僕の意図を汲んでくれている気もして、少し気に入ってます。

お店やネットなどでは11月8日発売ですが、今月15日のサントリーブルーローズ、25日兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホールでリサイタルで先行販売されます。詳細はコンサートページをご覧下さい。

また、2つのCD発売記念のイベントに出演します。
10/12(水) 山野楽器銀座本店で発売記念ランチタイムコンサート&サイン会(開場 11:30 / 開演 12:00)をします。
山野楽器銀座本店ホームページ:https://www.yamano-music.co.jp/docs/event/index_honten.html
10/30(日)は渋谷のタワーレコード7Fでインストアコンサート(15:00)をします。

イプシロンの1枚目のベートーヴェンのCDは年末にイタリアで発売され、来年初頭からはアメリカ合衆国とカナダでも発売されることになりました。ご報告まで。

TAKAHIRO YOSHIKAWA – LUDWIG VAN BEETHOVEN


ベートーヴェン
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 Op. 13「悲愴」
ピアノソナタ 第13番 変ホ長調 Op. 27-1「幻想曲風ソナタ」
ピアノソナタ 第26番 変ホ長調 Op. 81a「告別」
ピアノソナタ 第31番 変イ長調 Op. 110

—-

今月の日本でのリサイタルのお知らせ

2016/10/15(土)19:00 サントリーホール ブルーローズ
2016/10/25(火)19:00 兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール
チケット発売中!

プログラム
モーツァルト ロンドイ短調 K.511
シューマン 幻想小曲集 Op.12、3つの幻想小曲集 Op. 111
ブラームス パガニーニの主題のよる変奏曲 Op.35

詳細はコンサートページをご覧下さい。

スペインのピアノ音楽

スペインのピアノ音楽では次のような演奏が好きでした。

この曲は今をときめくピアニストの演奏もYoutubeで見聴きすることができますが、どれを聴いても、コルトーのさりげない趣味の良さとリズムの余裕のある感じ、歌のふくよかな感じが懐かしくなります。
例えばこれなんかは面白いといえば面白いのだけれども(1°23’28″辺りから)。。

例えば下のような演奏はコウアルベキだと思わせるけれども少し趣きに乏しいと言っても良ければそんな気もしないでもない。(このブログでは一般的にいいと言われる演奏には難癖をつけ、難がありつつも魅力のある演奏を持ち上げてみたりする傾向があるので全て真に受けないように笑)

彼女の次のビデオは芸大の図書館にLD(!)があって何度か観ました。

この曲との出会いは下の演奏でした。

この二人はもちろん今はもうなくなってしまった世代の大演奏家で特にルー氏はもちろんいろいろとすごいんだけれども、少し模範的な演奏をしがちで、音が美しいようで何となく少しぶっきらぼうな感じもあるところが意外と似ていると思います。
僕は次のような演奏の方がたくさん間違ってるけどもある意味、丁寧だと思います。『丁寧』という言葉の問題になってきてしまいますが。

このような演奏を好むということは、あまり真面目に弾かれると楽しめないということだと思うのですが、それは、本当はそんなにスペインが好きではなく、ちょっとした趣味の問題として楽しみたい、そんな僕にはフランス人によるスペイン風のものを楽しむので充分、ということなのかもしれません。

アルベニスやグラナドス、デ・ファリャならラヴェルやドビュッシーのスペイン物で充分。でもモンポウにはちょっと特別感じるものがあるのは、それはむしろスペインというよりはカタルーニャに惹かれるということかもしれません。

—————————————————————————–

コンサートのお知らせ(詳細はコンサートページをご覧下さい)

吉川隆弘X西島数博『ジュリエットからの手紙』
2015/3/29(日)

昼の部 開演15:00 夜の部 開演18:00
イタリア文化会館・東京 アニエッリホール
S席 7,000円 A席 5,000円 全席指定

出演:吉川隆弘(音楽監修・ピアノ演奏)
西島数博(演出振付・特別出演)
富村京子(出演)
梶谷拓郎(出演・振付)

チケット販売
カンフェティ・チケット・センター Tel:0120-240-540(平日10:00~18:00)
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=27375&

Ampio吉川隆弘音楽事務所 Tel:03-6421-8131
Mail: ampio-tokyo@takahiroyoshikawa.com

吉川隆弘ピアノリサイタル『幻想』
2015/3/20(金)19:00 西宮市プレラホール
2015/3/27(金)19:00 MUSICASA(東京・代々木上原)

プログラム:
ベートーヴェン作曲
2つの幻想曲風ソナタ Op. 27
n. 1 ピアノソナタ第13番 変ホ長調
n. 2 ピアノソナタ第14番 嬰ハ短調『月光』
ショパン作曲
幻想曲 へ短調 Op. 49
2つのノクターン Op. 55
n. 1 ヘ短調
n. 2 変ホ短調
幻想ポロネーズ 変イ長調 Op. 61

3月20日(金)西宮市プレラホール
開場 18:30 開演 19:30 全席自由 3,500円
ご予約・お問い合わせ:Tel. 0798-73-3295
チケット販売:西宮市プレラホール Tel.0798-64-9485
e+ イープラス:http://eplus.jp
Ampio(吉川隆弘後援会)Tel.0798-73-3295
e-mail. ampio@takahiroyoshikawa.com

2015/3/27(金) MUSICASA(東京・代々木上原)
開場 18:30 開演 19:30 全席自由 4,500円
チケット販売:
カンフェティ・チケット・センター Tel:0120-240-540(平日10:00~18:00)
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=27026&
Ampio吉川隆弘音楽事務所 Tel:03-6421-8131
Mail: ampio-tokyo@takahiroyoshikawa.com