去年ドイツ・グラモフォンデビューしました。

このブログを最後に書いてから1年以上経ってしまって、何を書いたか忘れてしったので、以前のものを見てみると、全部消去してしまいたい衝動に駆られました〜。
さて、去年はドイツ・グラモフォンから初めてCDが発売されました。これは書いたと思っていましたが見当たらなかったのでもしも書いていたら2度目になりますが、僕に関する情報をこのブログのみから得ている方ももしかしたらいらっしゃるかもしれないので、書いておきます。
メローニとのデュオでフランスの20世紀のクラリネットとピアノのための作品集です。
期待される表現や「らしい」演奏ではなく、むしろ先入観を出来るだけ取り除いて、楽譜をもう一度よく読んで作り上げたCDです。

VIF ET RYTHMIQUE

(収録曲)
ドビュッシー:第1狂詩曲
サンサーンス: クラリネットソナタ
オネゲル: クラリネットとピアノのためのソナチネ
ミヨー: クラリネットとピアノのためのソナチネ
プーランク: クラリネットソナタ
フランセ: 主題と変奏
ファブリツィオ・メローニ(クラリネット) / 吉川隆弘(ピアノ)

*インターネットでご注文できます。
アイコンをクリック!

—————————————————–

2016年5月6月の日本でのコンサートのお知らせ

吉川隆弘ピアノリサイタル
ピアノリサイタル
2016/5/25(水)19:00 西宮市プレラホール
2016/6/3(金)19:00 イタリア文化会館東京 アニェッリホール

プログラム
ベートーヴェン:ピアノソナタ第26番 変ホ長調 Op.81a『告別』
リスト:
巡礼の年第2年『イタリア』より
婚礼、物思いに沈む人、ペトラルカのソネット第104番、ダンテを読んで:ソナタ風幻想曲
巡礼の年第3年より
エステ荘の糸杉に I:哀歌、エステ荘の糸杉に II:哀歌、エステ荘の噴水

詳細はコンサートページをご覧下さい。

スカラ座での室内楽コンサート

スカラ座ではこれまで一人で弾いたり、ピアノコンチェルトだったり、オーケストラの中で弾いたりして来ましたが、今月13日には初めて室内楽のコンサートをして来ました。
以下の3人と弾きました。
ファビアン・トゥアン(ミラノスカラ座首席オーボエ)
ファブリツィオ・メローニ(ミラノスカラ座首席クラリネット)
ガブリエレ・スクレピス(ミラノスカラ座首席ファゴット)

プログラムは

プーランク オーボエ、ファゴットとピアノのためのトリオ
プーランク クラリネットソナタ
イベール オーボエ、クラリネットとファゴットの三重奏のための5つの小品
ミヨー クラリネットとピアノのためのソナチネ
ミヨー コレットによる組曲(オーボエ、クラリネットとファゴットのための)

と、全曲フランスの20世紀の作品でした。

スカラ座にはコンサートで使われるピアノはなく、毎回外から持ち込んでいるのですが、今回はコンサートの3日前にスカラ座の調律師のお店にピアノを選びに行きました。ファブリーニのコレクションの222番を選びました。ピアノコンチェルトでは少し鳴りが足りないかもしれませんが音色の美しいピアノでした。コンサート当日は、朝から13時過ぎまで同じ日の夜のスカラ座フィルのコンサートのリハーサルがあるのでほとんど時間がないということで、そのお店で、ちょっとした音のムラであったり、ソフトペダルの具合など調律師と調整しました。

ピアノ到着。

この写真はなぜかタテにできません。。

リハーサル中

月曜日の午後のコンサートでしたが満席でした。

Photo: Brescia e Amisano © Teatro alla Scala

Photo: Brescia e Amisano © Teatro alla Scala

Photo: Brescia e Amisano © Teatro alla Scala

Photo: Brescia e Amisano © Teatro alla Scala

4人みんなで弾けるオリジナルの曲が見付からず、でもアンコールは必要だということで、ヴェルディの椿姫の乾杯の歌を演奏しました。前日に決めて本番前に 一回合わせただけでしたが、月曜日のお昼間のコンサートで学生も多く、ようやくスカラ座らしい曲だったので拍手喝采でした。

Photo: Brescia e Amisano © Teatro alla Scala

Photo: Brescia e Amisano © Teatro alla Scala

僕とメローニのドイツグラモフォンの新しいCDのお披露目も兼ねていたので終演後にはスカラ座のブックショップでサイン会をして来ました。

18日の土曜日には国営放送Raiのラジオ、Radio 3のPiazza Verdiという番組でメローニと生演奏して来ます。

スズキの塩包み焼き

じゃじゃーん!スズキの塩包み焼きです!スズキを丸ごと塩で覆ってオーブンに入れて30分から1時間高めの温度で放っておくだけの豪快料理です。素材の味だけを楽しむこれぞイタリア料理、魚のうまみの凝縮された身は程よい水分を保っていて非常においしくいただきました。

去年の2月にスカラ座の首席クラリネット奏者ファブリツィオ・メローニさん Fabrizio Meloni のお宅で御馳走になりました。彼の家の近くの人気の魚料理レストラン Zio Pesce から取り寄せた魚介のカルパッチョを前菜にシャンパーニュといただいて、調子に乗ってきた僕は「ブログに載せるから写真を撮ってほしい」と彼の奥さんに頼んだものの、せっかくいただいた写真を1年以上アップせず放置していました。反省して今回取り上げた次第です。いつものことですが、結局出来上がったら写真も忘れてすぐに食べてしまったので出来上がりの写真はありません。

海老、イカ、マグロ、サーモンのカルパッチョ

海老、イカ、マグロ、サーモンのカルパッチョ

ファブリツィオ・メローニ、スズキとシャンパーニュに大満足!