ワーグナー エレジー 変イ長調

リストの巡礼の年の第2年と第3年の抜粋を録画した時に、エステ荘の糸杉などはあまりにもヴェーゼンドンク風なので、最後にアンコール代わりにワーグナーのエレジーを収録しました。

ワグナー作曲 ヴェーゼンドンク歌曲集第3曲『温室にて』ソプラノ:キルステン・フラグスタート/ハンス・クナッパーツブッシュ指揮ウィーンフィル

この曲はピアノ曲というよりスケッチのようなものですね。ヴィスコンティが『ルートヴィッヒ』という映画の音楽で取り上げたのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

ヴィスコンティ監督『ルートヴィッヒ』予告編 3分11秒からが「エレジー」オーケストラ版です(フランコ・マンニーノ編曲)

1882年3月シチリアのパレルモに滞在していたワーグナーはこの13小節の音楽の自筆譜を完成間もないパルシファルの総譜に挟んでいて、妻コジマ(リストの娘)に弾いて聞かせており、彼女は、そのメロディーは「まるで私たちの存在の奥深くから咲く睡蓮」のようだったという言葉を残しています。

1883年ヴェニスのヴェンドラミン宮で死の前夜に「パルシファルのスコアに閉じられている筈の素晴らしい旋律の自筆譜を紙の束から見つけ」コジマに聞かせたのもエレジーだったのではないかと言われており、その印象をコジマは「私の魂の秘密のヴェール」と書き残しています。

Cà Vendramin Calergi

Cà Vendramin Calergi

1931年8月29日バイロイト音楽祭でパルシファルの指揮を終えたアルトゥーロ・トスカニーニはワーグナーの娘エファからエレジーの自筆譜を受け取っています。

Arturo Toscanini

Arturo Toscanini

Takahiro Yoshikawa plays Liszt – Wagner
リスト:巡礼の年
第2年「イタリア」より
婚礼
物思いに沈む人
ペトラルカのソネット第104番
ダンテを読んで:ソナタ風幻想曲
第3年より
エステ荘の糸杉にI:哀歌
エステ荘の糸杉にII:哀歌
エステ荘の噴水
ワーグナー:エレジー変イ長調