リストのCDがイタリアでも発売になりました。

日本では去年の6月に発売されたリストのCDがイタリアでもようやく発売になりました。
3月21日の全国紙Corriere della seraに批評が載りました。

プログラミングの解説(イタリアに関連のあるリストの作品集で超絶技巧から印象主義まで聴かれる云々)と、私の解釈もプログラミングの意図を生かした(プログラミングをしたのも私なので当然ですが)ベストなものだとお褒めいただきました。この批評欄ではクラシック音楽に限らずすべての分野の音楽のCDが取り上げられるので、メジャーレーベルでもないこのCDを取り上げていただいたということで、とてもありがたく思います。
3月28日のCorriereの付録の週刊誌 “7″ Sette にも載りました。

こちらはもう少し一般的に多様なプログラムでマルチタスキングだと評されました。
これから音楽月刊誌でも批評が出てくる予定ですので追ってご紹介します。

2019年5月の日本でのコンサートのお知らせ
詳しくはコンサートページをご覧ください。

2019年5月18日(土) 青森県弘前市 14:00開演
ピアノリサイタル 弘前文化センターホール
演奏曲目
ベートーヴェン作曲
ピアノソナタ第1番へ短調 Op.2-1、ピアノソナタ第32番ハ短調 Op.111
ショパン作曲
幻想ポロネーズ、4つのマズルカ Op.67、バラード第4番

2019年5月19日(日) 青森県五所川原市 18:30開演
ピアノリサイタル 太宰治記念館「斜陽館」Sold out!
完売いたしました。ありがとうございました。
演奏曲目
モーツァルト作曲
ピアノソナタ第11番イ長調 K.331(K6.300i)「トルコ行進曲付き」
クロード・ドビュッシー作曲
ベルガマスク組曲
フランシス・プーランク作曲
ナゼルの夜

2019年5月28日(火) 兵庫県西宮市 19:00時開演
ピアノリサイタル 兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホール
演奏曲目
ベートーヴェン作曲
ピアノソナタ第1番へ短調 Op.2-1、ピアノソナタ第32番ハ短調 Op.111
ショパン作曲
幻想ポロネーズ、4つのマズルカ Op.67、バラード第4番

2019年5月31日(金) 東京都港区 19:00時開演
ピアノリサイタル 赤坂区民センター区民ホール
演奏曲目
ベートーヴェン作曲
ピアノソナタ第1番へ短調 Op.2-1、ピアノソナタ第32番ハ短調 Op.111
ショパン作曲
幻想ポロネーズ、4つのマズルカ Op.67、バラード第4番

明日イタリアのラジオに生出演します。

このところはスカラ座のバレエ公演でキーボードを弾いています。何度も書きますが、私はスカラ座のピアニストではなく、ソリストとして出演する時と、オーケストラのエキストラとして出演する時があり(ごくたまに室内楽のコンサートにも出演します)、今はエキストラとして出演しています。この件については改めてご報告するとして、明日4月13日土曜日15時から18時の「Piazza Verdi」という番組に生出演しまして、お話と、演奏をします。日本では去年の6月に発売になったリストのCDがようやく2月にイタリアでも発売になり、そのお話をしつつ、リストの「エステ荘の噴水」と「リゴレット・パラフレーズ」を演奏します。
下の番組のホームページのリンクからストリーミングが聞けると思います。

https://www.raiplayradio.it/articoli/2017/12/Devozione-Piazza-Verdi-del-13-aprile-d9587d6f-3a09-48eb-9de0-d79bfd363322.html

明日はRAIのスタジオに午前中にサウンドチェックに行き、14時からスカラ座の公演があり、スカラ座はいつもとっても定刻なので16:35には終わりまして、劇場からスタジオに予約してあるタクシーで直行します。17:30からの出演の予定なので間に合うはずですが、ともかくミラノはサローネの週で交通網が麻痺してまして、渋滞に巻き込まれないように祈ってます。出演時間には間に合ってもぜーぜー息を切らしていてはまずいですね。

CD「フランツ・リスト」レコード芸術特選いただきました。

6月に発売されたリストアルバムがレコード芸術9月号で特選盤に選ばれました。
レコード芸術という雑誌については、すでに書いたかもしれませんが、私は中高生の時に愛読しておりました。そのような懐かしい雑誌に高い評価をいただくのは本当に嬉しく、勿体無いことです。ありがとうございます。
もちろん、評の中には課題なども書いていただいており、じっくりと噛み締めて今後に活かしていきたいと考えております。

CDの詳細についてはホームページのCD+DVDのページをご覧ください。