Il Penseroso 物思いに沈む人

フィレンツェのサン・ロレンツォという教会にミケランジェロによって作られたメディチ家の礼拝堂があります。そこにあるロレンツォ・デ・メディチの墓のロレンツォ像には、”Il Penseroso イル・ペンセローゾ” 訳して「物思いに沈む人」というあだ名がつけられています。ロダンの『考える人』(訳の違う同じ言葉です)に強い影響を与えたと言われています。(このロレンツォ・デ・メディチは、”Il Magnifico イル・マニフィコ=偉大な” と呼ばれた人ではなく、その孫で、マキャヴェッリに『君主論』を贈られたことで有名な人です)

La tomba di Lorenzo, duca d'Urbino

Ritratto di Lorenzo de' Medici duca di Urbino

Crepuscolo

Aurora

この彫刻に霊感を得て書かれたのが、リストの巡礼の年第2年の第2曲 『物思いに沈む人』”Il Penseroso” です。

マリーダグー伯爵夫人へ書いたフランス語の手紙の中で彼が自分のことを英語で “Thoughtful” と読んでいたのは有名ですが、この言葉はイタリア語に直訳すると、Pensieroso、古いイタリア語ではPenserosoということになることも、この作品と関係があるかは分りません( http://en.wikipedia.org/wiki/Musical_works_of_Franz_Liszt 参照)。”Il Penseroso” といえば、『失楽園』などで知られるジョン・ミルトンの1645年に書かれた詩の題名でもあり( http://en.wikisource.org/wiki/Il_Penseroso )、きっとそれはリストは知っていただろうと思います。リストの曲の題名がイギリスの詩人の詩の題名と同じイタリア語で、リストの自分に付けた別名が同じ言葉の英語っていうのも偶然ではない気がします。

この曲は第1曲『婚礼』と同じく1838年から1839年にかけて作曲されたとされています。20年以上後にこの曲の規模を大きく書き換え管弦楽化したものを『夜』”La Notte”と名付け、『3つの葬送的頌歌』S.112(1860〜68)の第2曲にしました。極稀に聴かれる『夜』という曲は、そのピアノ独奏版です(S.699、1864〜68)。”La Notte”というと、ロレンツォ・デ・メディチの墓の向かいにあるジュリアーノ・デ・メディチの墓の足下に『昼』と『夜』がいることとも関係があるのでしょうか。

La tomba di Giuliano, duca di Nemours

Notte

Giorno

Takahiro Yoshikawa plays Liszt – Wagner

リスト:巡礼の年
第2年「イタリア」より
婚礼 リスト「婚礼」(巡礼の年第2年『イタリア』第1曲) 2009 年 9 月 8 日
物思いに沈む人
ペトラルカのソネット第104番
ダンテを読んで:ソナタ風幻想曲
第3年より
エステ荘の糸杉にI:哀歌
エステ荘の糸杉にII:哀歌
エステ荘の噴水
ワーグナー:エレジー変イ長調 ワーグナー エレジー 変イ長調 2010 年 9 月 18 日

下はYoutubeのトレイラーです。