ラヴェル「鏡」第1曲「蛾」(1)

ドビュッシーがマラルメやヴェルレーヌらの印象詩から享けた即興感覚と、ラヴェルが同じ文学系譜ながらE.A.ポー、ボードレール、J.K.ユイスマンス、A.ベルトランらに見いだした細密画的叙述感覚の違い
(三善晃「ラヴェルピアノ作品全集第1巻」解説より)

こういう傾向の違いは、ラヴェルの「鏡」、ドビュッシーの「映像」という二つのタイトルの選択にも表れていますね。
「鏡」は表題を持つ5曲から成り、それぞれの表題はかなり忠実に「細密画的」に音で表現されます。
アパッシュ(チンピラ、ごろつきといった意味)と呼ばれた芸術サークルに属していたラヴェルは、そのメンバーそれぞれに「鏡」の各曲を捧げました。

第1曲「蛾」は詩人レオン-ポール・ファルグに捧げられました。

Léon-Paul Fargue

Léon-Paul Fargue

煙草を吸っている写真しか見つかりませんでした。。面白そうな人ですね!2本一緒に吸ってませんか?

“La petite gare aux ombres courtes(短い影のある小さな駅)”という詩の下の一節にインスピレーションを得て書かれました。

“Les noctuelles des hangars partent, d’un vol gauche, cravater d’autres poutres…”

これは直訳すると、「納屋の夜蛾が飛び立つ、左にひと飛び、梁にネクタイを結ぶ・・・」となります。このCravaterはこの言葉だけだと普通のネクタイのことを言うと思いますが、ここでは蛾=Nocturellesと蝶=パピヨンがかかっているので、蝶ネクタイのことです。蝶ネクタイは正装なので夜しかつけませんね。でも、夜、紳士が正装して納屋にいるのは少し不思議です。そもそも蛾であれば、一般的にはPapillon de nuit=夜の蝶という言葉が使われますが、ここでは敢えてNoctuellesとしたのは、パピヨンでは蝶ネクタイを表しすぎていて言葉遊びにならなかったからでしょうか?或いは、夜という単語の女性形の形容詞を使うことで、夜、男性に蝶ネクタイを付ける女性、ここでは娼婦を暗示している、ということもあるのかもしれませんね。
そもそも原題の “Nocturelles” とは何か、ということですが、Wikipediaのフランス語版にあります。蛾の一種ですね。ノクターンNocturneとフランス語の彼女Elleがくっついた言葉のようだと書いているのをネットで見かけましたが、間違えていますので、ご注意を。単純に虫の蛾です。夜や女性を暗示している面もあるのかもしれないとしても、原題の意味は「蛾」です。「夜蛾」という訳もありますが、これだとむしろ蛾の一般的な呼び名 Papillon de nuit のような印象を与えますので、「蛾」でいいのではないかと思います。

以下の公演で「蛾」を演奏します。

11月28日(水) 19:00開演
ピアノリサイタル 東京 銀座王子ホール

12月02日(日) 14:00開演
ピアノリサイタル 大阪 梅田 あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール

詳細はCONCERTページをご覧ください。

ラヴェルとモンポウについて

さて、モンポウの風景の後に弾くラヴェルの鏡について書く前に、モンポウとラヴェルの繋がりについて、以下の文章を最近ネットで拾いましたのでご紹介します。

フランスの詩人レオン=ポール・ファルグ Léon-Paul Fargue(1876〜1947)は、モーリス・ラヴェルやリカルド・ビニェスらが組織していた若手芸術家集団「アパッシュ」にも所属し、音楽家の友人も多くもっていた。だからビニェスとファルグは直接に結びつくし、モンポウはパリで音楽界や社交界に入って行くのに、この同郷のピアニストでラヴェルの友人でもあるビニェスに非常に世話になっているのである。こうしてファルグ・ラヴェル・ビニェス・モンポウは一直線に結びつくのである。

「モンポウの新発見(?)作品について」椎名亮輔より)

日本には、このような面白いことを真剣に考えている人がいる、というのはとても嬉しく思います。

スペインのピアノ音楽

スペインのピアノ音楽では次のような演奏が好きでした。

この曲は今をときめくピアニストの演奏もYoutubeで見聴きすることができますが、どれを聴いても、コルトーのさりげない趣味の良さとリズムの余裕のある感じ、歌のふくよかな感じが懐かしくなります。
例えばこれなんかは面白いといえば面白いのだけれども(1°23’28″辺りから)。。

例えば下のような演奏はコウアルベキだと思わせるけれども少し趣きに乏しいと言っても良ければそんな気もしないでもない。(このブログでは一般的にいいと言われる演奏には難癖をつけ、難がありつつも魅力のある演奏を持ち上げてみたりする傾向があるので全て真に受けないように笑)

彼女の次のビデオは芸大の図書館にLD(!)があって何度か観ました。

この曲との出会いは下の演奏でした。

この二人はもちろん今はもうなくなってしまった世代の大演奏家で特にルー氏はもちろんいろいろとすごいんだけれども、少し模範的な演奏をしがちで、音が美しいようで何となく少しぶっきらぼうな感じもあるところが意外と似ていると思います。
僕は次のような演奏の方がたくさん間違ってるけどもある意味、丁寧だと思います。『丁寧』という言葉の問題になってきてしまいますが。

このような演奏を好むということは、あまり真面目に弾かれると楽しめないということだと思うのですが、それは、本当はそんなにスペインが好きではなく、ちょっとした趣味の問題として楽しみたい、そんな僕にはフランス人によるスペイン風のものを楽しむので充分、ということなのかもしれません。

アルベニスやグラナドス、デ・ファリャならラヴェルやドビュッシーのスペイン物で充分。でもモンポウにはちょっと特別感じるものがあるのは、それはむしろスペインというよりはカタルーニャに惹かれるということかもしれません。

—————————————————————————–

コンサートのお知らせ(詳細はコンサートページをご覧下さい)

吉川隆弘X西島数博『ジュリエットからの手紙』
2015/3/29(日)

昼の部 開演15:00 夜の部 開演18:00
イタリア文化会館・東京 アニエッリホール
S席 7,000円 A席 5,000円 全席指定

出演:吉川隆弘(音楽監修・ピアノ演奏)
西島数博(演出振付・特別出演)
富村京子(出演)
梶谷拓郎(出演・振付)

チケット販売
カンフェティ・チケット・センター Tel:0120-240-540(平日10:00~18:00)
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=27375&

Ampio吉川隆弘音楽事務所 Tel:03-6421-8131
Mail: ampio-tokyo@takahiroyoshikawa.com

吉川隆弘ピアノリサイタル『幻想』
2015/3/20(金)19:00 西宮市プレラホール
2015/3/27(金)19:00 MUSICASA(東京・代々木上原)

プログラム:
ベートーヴェン作曲
2つの幻想曲風ソナタ Op. 27
n. 1 ピアノソナタ第13番 変ホ長調
n. 2 ピアノソナタ第14番 嬰ハ短調『月光』
ショパン作曲
幻想曲 へ短調 Op. 49
2つのノクターン Op. 55
n. 1 ヘ短調
n. 2 変ホ短調
幻想ポロネーズ 変イ長調 Op. 61

3月20日(金)西宮市プレラホール
開場 18:30 開演 19:30 全席自由 3,500円
ご予約・お問い合わせ:Tel. 0798-73-3295
チケット販売:西宮市プレラホール Tel.0798-64-9485
e+ イープラス:http://eplus.jp
Ampio(吉川隆弘後援会)Tel.0798-73-3295
e-mail. ampio@takahiroyoshikawa.com

2015/3/27(金) MUSICASA(東京・代々木上原)
開場 18:30 開演 19:30 全席自由 4,500円
チケット販売:
カンフェティ・チケット・センター Tel:0120-240-540(平日10:00~18:00)
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=27026&
Ampio吉川隆弘音楽事務所 Tel:03-6421-8131
Mail: ampio-tokyo@takahiroyoshikawa.com