モラヴィア Alberto Moravia

先日近所の本屋さんでプルーストの “L’indifférent” を偶然発見しました。

Marcel Proust

Marcel Proust

伊語で L’indifferente、邦訳があるのか、恐らく全集にでも入っているのだろうと思いますが、邦題は分かりません。「無関心な人」という意味です。本文は16ページに満たない超短編ですが、フランス語とイタリア語が左右のページに印刷されて、長い序文とあとがきが付けられて78ページの文庫本です。

アガムベン(Giorgio Agamben)さんの序文にデカルトの『情念論』の「驚き」について書かれてあります。(「情念」という言葉はなんだかおどろおどろしいけれど、イタリア語でPASSIONEと言えば情熱的で、でもカタカナでパッシオーネと書くとshiの発音が入っているみたいで少し変です。2007年7月1日 Siamo LidicoRi参照)

René Descartes

René Descartes

「驚き」は情念の中で最も根源的なものであり、また一番純粋なものであるとデカルトが書いたのは有名です。「驚き」、フランス語では admiration、これはイタリア語に直訳するとammirazione、「賞賛、感嘆」といった意味合いですが、ここではデカルトの意図した「驚愕」の意を汲み、meraviglia と訳されています。世界の七不思議 le 7 meraviglie del mondo や不思議の国のアリス Alice nel paese delle meraviglie のようなニュアンスがあります。

その「驚き」はプラトンやアリストテレスによる哲学の原点でもあり、僕に言わせるとこれはまた所謂 “芸術”(この言葉はもう嫌いになったのだけれどまた使ってしまった。。2009年11月11日「矜持」参照)の “作用” そのものなのではないか、とも言えるやもしれん、とかとも思います。

シドロモドロになったところで(「驚き」の純粋さを強調して所謂 “芸術” から倫理を排除してみたいと思ったけれど上手く説明できそうにないのでやめました)アガムベンさんに戻ります。序文の中に『デカルトとくればスピノザ。デカルトの「驚き」の反対は「無関心 l’indifferenza」であるのに対して、スピノザは「驚き」の対極に「軽蔑 il disprezzo」を置きました。(超意訳)』とあるのを読み、モラヴィアを思い出しました。

Alberto Moravia

Alberto Moravia

というのも彼は「軽蔑 “il disprezzo”」と「無関心な人々 “Gli indifferenti”」を書いているからです。不思議な一致ですね。(「軽蔑」は以前紹介したゴダールの映画の原作です。2008年9月1日軽蔑参照)

以前パヴェーゼを紹介した時に(2007年4月21日「パヴェーゼ」参照)、他の作家も紹介したいと思っていましたが3年近くの年月が流れてしまいました。プルーストとデカルトとスピノザのおかげでようやく2人目のイタリア人作家を紹介できました。モラヴィア、ぜひ読んでみてください。

軽蔑

映画、お好きですか?

いろんな映画がありますが、もしまだ見ていなかったらゴダールの「軽蔑」なんかいかがですか?
ローマとカプリ島を舞台にフランス人の脚本家とその妻、アメリカ人プロデューサー、ドイツ人映画監督がホメロスのオデュッセイアの映画を作るという話。英語とフランス語に微妙にイタリア語が交差して、真夏のカプリの海とギリシャの海が交錯し、でもブリジット・バルドーはペネロペにはなりきれず、夫を軽蔑し始めてしまう。
アンニュイに満ちた日曜の午後にジントニックでも飲みながらご主人と、奥様と、彼または彼女とお楽しみください。

Michel Piccoli

Michel Piccoli

Villa Malaparte, Capri

Villa Malaparte, Capri

Brigitte Bardot

Brigitte Bardot

http://www.youtube.com/watch?v=IT7P7ijpAPY