モラヴィア Alberto Moravia

先日近所の本屋さんでプルーストの “L’indifférent” を偶然発見しました。

Marcel Proust

Marcel Proust

伊語で L’indifferente、邦訳があるのか、恐らく全集にでも入っているのだろうと思いますが、邦題は分かりません。「無関心な人」という意味です。本文は16ページに満たない超短編ですが、フランス語とイタリア語が左右のページに印刷されて、長い序文とあとがきが付けられて78ページの文庫本です。

アガムベン(Giorgio Agamben)さんの序文にデカルトの『情念論』の「驚き」について書かれてあります。(「情念」という言葉はなんだかおどろおどろしいけれど、イタリア語でPASSIONEと言えば情熱的で、でもカタカナでパッシオーネと書くとshiの発音が入っているみたいで少し変です。2007年7月1日 Siamo LidicoRi参照)

René Descartes

René Descartes

「驚き」は情念の中で最も根源的なものであり、また一番純粋なものであるとデカルトが書いたのは有名です。「驚き」、フランス語では admiration、これはイタリア語に直訳するとammirazione、「賞賛、感嘆」といった意味合いですが、ここではデカルトの意図した「驚愕」の意を汲み、meraviglia と訳されています。世界の七不思議 le 7 meraviglie del mondo や不思議の国のアリス Alice nel paese delle meraviglie のようなニュアンスがあります。

その「驚き」はプラトンやアリストテレスによる哲学の原点でもあり、僕に言わせるとこれはまた所謂 “芸術”(この言葉はもう嫌いになったのだけれどまた使ってしまった。。2009年11月11日「矜持」参照)の “作用” そのものなのではないか、とも言えるやもしれん、とかとも思います。

シドロモドロになったところで(「驚き」の純粋さを強調して所謂 “芸術” から倫理を排除してみたいと思ったけれど上手く説明できそうにないのでやめました)アガムベンさんに戻ります。序文の中に『デカルトとくればスピノザ。デカルトの「驚き」の反対は「無関心 l’indifferenza」であるのに対して、スピノザは「驚き」の対極に「軽蔑 il disprezzo」を置きました。(超意訳)』とあるのを読み、モラヴィアを思い出しました。

Alberto Moravia

Alberto Moravia

というのも彼は「軽蔑 “il disprezzo”」と「無関心な人々 “Gli indifferenti”」を書いているからです。不思議な一致ですね。(「軽蔑」は以前紹介したゴダールの映画の原作です。2008年9月1日軽蔑参照)

以前パヴェーゼを紹介した時に(2007年4月21日「パヴェーゼ」参照)、他の作家も紹介したいと思っていましたが3年近くの年月が流れてしまいました。プルーストとデカルトとスピノザのおかげでようやく2人目のイタリア人作家を紹介できました。モラヴィア、ぜひ読んでみてください。

パヴェーゼ Cesare Pavese

ミラノに来るまで僕はイタリア人の本はダンテ、ボッカッチョ、マキァヴェッリとペトラルカしか読んだことがありませんでしたが、この国にも勿論たくさんの重要な文章家がいます。

今回は日本では僕の知らなかった作家の一人で、チェーザレ・パヴェーゼを紹介します。

1908年ピエモンテ州の田舎に生まれ、トリノに学び、文筆業とともに出版社エイナウディの主幹を勤め、戦時中はレジスタンス運動とも近く、戦後は政治的発言(勿論左です)も多かったけれど、恋愛に悩み、人生に悩み、生きることに疲れて1950年に自殺してしまいました。その辺の心境は晩年の日記「Il mestiere di vivere(生きるという仕事)」に詳しい。自殺したことと(自殺した小説家なんて掃いて捨てるほどいるけれど)、詩人でありたくて詩を書き続けた小説家という点は少し芥川とかぶります。

代表作はおそらくストレーガ賞を受けた3部作「La bella estate(美しい夏)」と最後の作品『La luna e i faló(月とかがり火)」だと思われます。僕は一人の作家が気に入ると少しまとめて読みたくなるので、「Il compagno(仲間)」、「La spiaggia(浜辺)」なども読みましたが、なかなか良かった。なんて僕が言う意味のないような古典だけれど。実感のこもった文体というか、暑さが肌で感じられて寒さが骨身に染みて、森や芝生の匂いがして、楽しい気持ちが溢れ出て、懐かしさや悲しさが込み上がって来るような、太宰の言う「ご馳走」的な魅力にあふれた文章を書く人だと思います。

岩波文庫で「Paesi tuoi(故郷)」、全集が晶文社から、その他白水社や筑摩書房からも出ているようなので(ということは僕が知らなかっただけで日本でも既に有名で、こんな文章を書いて無知をさらしているようだけれど…)、ぜひ読んでみて下さい。