ラファエッロ「聖母の婚礼」

Sposalizio della Vergine

ミラノを代表する美術館、ブレラ絵画館にはラファエッロの「聖母の婚礼」があります。今年修復が終わって再び公開されているとのことなので、見に行ってきました。

美術館というのは少し苦手です。一枚だけでも見応えがあるような絵がたくさん並んでいるので、疲れ果ててしまうのです。今日もラファエッロに辿り着く前に、たくさんの名前を知らない巨匠からヴェロネーゼ、カルパッチョ、テォツィアーノ、ピエロ・デッラ・フランチェスカ、それにモディリアーニやピカソも見てしまい、もう、ラファエッロを見たあたりでギブアップ、見たかったカラヴァッジョはちょいと眺めただけで出て来てしまいました。ボッチョーニやブラックなど近代のものもあって面白かったけれど、何度も通って少しずつじっくり見るか、見る絵を決めて他は素通りしないとなかなか難しいものがあると感じました。

ともかく、やっぱり「聖母の婚礼」はなかなかよかった。修復してすぐの絵というのはよく嘘っぽくなってしまっているような印象を受けることがあるけれど、この絵は自然光とライティングの調和した見せ方もあるのか、非常に自然で、納得の一枚とか門外漢の音楽家がラファエッロについて書くと、ただ可笑しいだけですね。

修復の様子などを取り上げたヴィデオも流れていて、そこでは1958年に狂人が中央に描かれている聖ジュゼッペの王冠を殴って傷つけたこととか、新郎の杖の先に花が咲いていて、それが聖母との結婚相手に選ばれる条件で、花が咲かなかった杖を折っている青年が描かれていることなんかは知らなかったから面白かったけれど、スタンダールがこの絵をロッシーニのオペラ「タンクレーディ」を見たときの感動に例えた文章がテロップで流れたときは、ああ、またしょうもないことを言っている、と思いました。

22歳でこういう絵を書いたというのは、ともかく感慨深い事実であるように思います。

ミラノには彼の「アテネの学堂」のデッサンというのもアンブロジアーナ美術館にあり、実物大の非常な力作で、見応えがあります。

Stendhal…

「イタリアの幸福は瞬間の感動にしたがうことだ」スタンダール(『恋愛論』第2巻第43章)

ああ、スタンダールこそは僕が最も恐れる作家である。

彼は全くの趣味人で、イタリアを愛し、女性を愛し、芸術を愛する文化人、仕事はというとナポレオン派の下等官僚で、ナポレオン派の没落時にはくだらない雑誌に文章を売ってしのいだ。貧乏だけれど贅沢もやめられない、といったところか。本名はアンリ・ベール。スタンダールというペンネームはドイツの小都市からとられた。墓標には「ミラネーゼ」と書かせたという。

この夏僕は海にスタンダールの「ローマ散策」を持って行った。ミラノのある古本屋で5ユーロで買った非常に分厚い本で、友人たちにはあまりに重いので笑われた。

彼はローマをかけずり回り、その美を全身に浴びて、1冊の本に仕上げた。とっても素直にローマが好きらしい。何かが僕のしゃくに障るのだ。言ってしまおうか、彼の「ディレッタンティスム」が僕の嘔吐を誘うのだ。フランス嫌いを公言し、ペンネームはインテリ気取りのドイツ名、ヴァカンスはいつもイタリア、墓標にはミラネーゼ。

ある女性に恋をして、ふられて立ち去るときに一言、「歓喜に酔い、希望に溢れて辞去」。

ああ、まるで自分を見るようで全くもって不愉快である!・・・。