スカラ座で弾いて来ました。

ご報告が遅れましたが、3月10日から4月7日の間12公演、スカラ座のバレエ公演でキリアンの振付けの”Petite mort”の音楽、モーツァルトのピアノ協奏曲の21番と23番のゆっくりの楽章を弾きました。

初日のカーテンコール Photo: Marco Brescia Teatro alla Scala

モーツァルトの、というよりもクラシック音楽の中でも最も有名な曲ですが、バレエの音楽ですので、テンポは自由に決められるわけではなく、また、たとえばちょっとした装飾を付けたりするにしても、かなりきっちりとストイックにまとまったシャープな振付けで、むしろ音の少ない感じが踊りにはあっているようでもあり、いろいろと自分がソロで弾くのとは違った演奏をすることになり、様々な制約の中で納得のいく演奏のできるように努力しました。制約、と書きましたが、音楽からキリアンが感じ取って作り上げた振付けなわけで、僕はその振付けからインスピレーションを得て演奏に活かすことが出来れば素晴らしいなあ、とも考えて弾いていました。
ゆっくりの楽章だけの演奏ということで、特に楽器の調整には気を使いました。ファブリーニのスタインウェイのD588395で、同じ時期にスカラ座でアレクセイ・ボトヴィノフ(ゴールドベルク変奏曲)やチョ・ソンジン(ラフマニノフ3番)なども使ったので、日によって調整が変わり、スカラ座の調律師のサンドロと毎公演前に調整をするのが始まりでした。

開場前、舞台上で照明のチェックをしている下で調律しているサンドロさん

僕の細かい要求に根気よく対応してくれ、本当にピアノが好きなのだなあと、感謝するとともに感心しました。ミラノに来るたくさんの有名なピアニストたちの調律をしている人で(ポリーニの家のピアノの調律を常にしている人でもあります)、こぼれ話とともに、誰がどのような特殊な調整を要求するかなど、興味深い話もたくさん聞かせてもらいました。同じピアノで同じ会場でほぼ同じ調律師(2公演は僕の家の調律をしているガルディーノさんでした)で12回公演というのは滅多に出来ない貴重な経験で、非常にいい勉強になりました。
僕はたまにスカラ座のオーケストラのエキストラとしてオケの中でも弾きますし、特にそれぞれの楽器の首席奏者とは室内楽をしますので、このオーケストラはみんな知り合いといった感じで、楽しくもあるけれども、むしろそこでソロで弾くのは大きプレッシャーでもあるわけです。もちろん音色であったりフレージングやアーティキュレーションを聴いてくれて認めてくれる人もいるはずですが、これだけ少ない音の曲を弾くということは、一つでも音を間違えたらそれこそ誰にでも分るわけで、倒してはいけないと思っていると倒してしまうワイングラス、のような変な緊張感もあり、なかなかスリリングな時間を楽しみました。

GPはタキシードにネクタイで Photo: Marco Brescia Teatro alla Scala

オーケストラピットで演奏し終わったらすぐに舞台に上がって挨拶をしました。ダンサーたちはもともと礼をするのもとっても様になっている上に、舞台稽古から礼のチェックにも舞台監督から細かく指示があり仕上げられている中に、GPから突然舞台に放り出されたピアニストの図です(笑)。

初日のカーテンコール Photo: Marco Brescia Teatro alla Scala

初日のカーテンコール Photo: Marco Brescia Teatro alla Scala

日本での6月のコンサートのご案内

2018年06月16日(土) 西宮市プレラホール 13:30開場 14:00開演
2018年06月23日(土) 赤坂区民センター 区民ホール  15:30開場 16:00開演

【演奏曲目】
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲
ピアノソナタ第14番嬰ハ短調 Op.27-2 『月光』
フランツ・リスト作曲
巡礼の年第2年「イタリア」より 第7曲 ダンテを読んで : ソナタ風幻想曲
巡礼の年第3年より 第4曲 エステ荘の噴水
モーリス・ラヴェル作曲
夜のガスパール

詳細はホームページのコンサートページをご覧下さい。